島旅を楽しもう!

【利尻島】路線バスの路線図と運賃&1日乗車券まとめ

利尻島

利尻島を走る路線バスは島内唯一の公共交通機関。宗谷バスが島内をぐるっと一周するバスを運行しています。

初めてだと「1日何本走っているのか?」「観光スポットでも停まるのか?」など、わからないことも多いですよね。

今回は利尻島を走る路線バスの路線や運賃(料金)、1日乗車券についてをまとめました。

宗谷バスの路線と観光スポット

利尻島を走るバスの路線は

  • 沓形→鴛泊→沓形の順に周るAコース
  • 沓形→仙法志→沓形の順に周るBコース

があります。時計回り(右回り)or反時計回り(左回り)という違いだけで、どちらも停車するバス停は同じです。

本数はどちらも1日に4本。夏ダイヤ(5月~9月)と冬ダイヤ(10月~4月)があるほか、平日と休日でも運行時刻が異なります。

また、利尻島の主要観光スポットは路線バスで巡れます。ただし、本数が少ないのでどの順番で観光するのか事前に計画的を立てておくのがおすすめです。

最寄りのバス停観光スポット
ぐりーんひる富士野園地
夕日ヶ丘展望台
鴛泊栄町ペシ岬展望台
利尻富士温泉利尻富士温泉保養施設
カルチャーセンター&リップ館
高山植物展示園
修景池利尻山神社
姫沼口姫沼・姫沼展望台
野塚野塚展望台
鬼脇利尻島郷土資料館
北見神社
沼浦オタトマリ沼沼浦展望台
南浜南浜湿原
御崎仙法志御崎公園
仙法志利尻町立博物館
神磯麗峰湧水
久連北のいつくしま弁天宮
人面岩・寝熊の岩
第1神居神居海岸パーク
カムイテラス
沓形沓形岬公園
利尻ふれあい温泉
利尻 島の駅 海藻の里・利尻
北見冨士神社

路線バスは市街地以外はフリー乗降区間となっており、バス停以外でも乗降できます(各バス停50m圏内は除く)。

バスに乗る際は手を挙げて、降りる際は事前に運転手に目的地を告げて意思表示が必要です。

宗谷バスの運賃(料金)と1日乗車券

バスの運賃(料金)は160円~2,300円

鴛泊からのおもな運賃
  • 利尻空港:380円
  • 姫沼口:380円
  • 沓形:760円(Bコース利用の場合)
  • 鬼脇:990円
  • 沼浦:1,120円
  • 御崎:1,330円
  • 仙法志:1,410円

1日に何度も路線バスを利用するなら、1日乗車券(1DAYフリー乗車券)の購入がお得です。料金は大人2,000円、小人(小学生以下)1,000円

4月~10月の期間限定販売で、沓形にある宗谷バスの利尻営業所のほか、バス車内でも購入できます。

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

利尻島北海道
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました