観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【利尻島】神居海岸パークへの行き方と見どころ

海岸パーク 利尻島

神居海岸パークは、沓形(くつがた)地区にあるウニとり体験や、昆布土産作り体験ができるスポット。

神居海岸パークへの行き方や見どころをまとめました

神居海岸パークへの行き方

神居海岸パークは、沓形市街地から車や路線バスで約5~10分、鴛泊地区からは約1時間。

路線バスの場合は、鴛泊からはAコース、沓形からはBコースのバスに乗車します。下車するバス停は「神居第一」です。

鴛泊方面からのアクセス
  • バス
    鴛泊フェリーターミナルor鴛泊栄町
    宗谷バス(Aコース/鬼脇行)
  • 神居第一

鴛泊からBコースに乗り、沓形で神居第一行きに乗り換える方法もあります。乗り換えのほうが運賃が安い(1,000円)ですが、便によっては長時間の待ち時間が発生します。

その場合は、沓形市街地で時間つぶしがおすすめです。

沓形方面からのアクセス

沓形市街地は自由乗降区間となっているので、バス停以外の場所から乗車可能(バスのルートに限る)です。

利尻富士

バス停を降りると利尻富士が見えます。ここから見る利尻富士もとてもきれいなので、写真をお忘れなく。

看板

バス停海岸からパークまでは約200m(徒歩5分)。バス停からすぐの所に海岸パークまでの看板があるので分かりやすいです。

神居海岸パークの見どころ

海岸パーク

海岸パークでは、「ウニとり」「利尻昆布お土産づくり」「カニ釣り」の3つの体験ができます。

ウニとり体験

ウニとり体験は接岸された船の上から漁師さんと同じ方法で自分でウニを採り、その場ですぐに割って新鮮なウニを食べる体験。料金は1,500円、所要時間は30分~1時間ほどです。

昆布体験

利尻昆布お土産づくり体験は、1枚の昆布を使って花折昆布・おしゃぶり昆布・だし昆布の3つのお土産を作ることができます。料金は1,500円、所要時間は30~40分。

カニ釣り体験はなんと無料!専用の道具を使ってカニなどの海の生物を釣ることができます。

ウニ獲り体験やカニ釣り体験は随時行っていますが、利尻昆布お土産づくり体験は1日6回の開催で開始時間があるのでご注意ください。

また、シーズンになると団体の予約が入ります。満席じゃない限りは個人で行っても体験できますが事前に確認しておくとよいかもしれません。

パーク内には「北利ん道(きたりんどう)」という売店もあります。

北利ん道

ウニや昆布、ホッケなど利尻の特産物を使ったメニューが豊富です。

メニュー

なかでも名物は昆布塩を使ったアイスクリーム「愛す利尻山(500円)」。

愛す利尻山

混ぜて食べるとトルコアイスのように粘り気が出るのが特徴で、さっぱりしたバニラの甘さと昆布塩の塩気が絶妙なアイスです。

愛す利尻山

店内にはたくさんの昆布製品もあり、お土産も買えます。

お土産

ウニとり体験や、利尻昆布お土産づくり体験など利尻島ならではのさまざまな体験ができる神居海岸パーク。ぜひ訪れてみてください。

施設情報
  • 営業期間:6月1日~9月30日(営業期間中無休)
  • 営業時間:10:00~16:30(最終受付16:00)
  • アクセス:「第一神居」バス停から徒歩5分
  • URL:https://rishiri-kamui.com/
この記事を書いた人
A.O
A.O

利尻島に住んで10年以上経ちました。夏は観光の季節。みなさんに少しでも利尻の良さを伝えられたら良いなと思っています。

離島ガイドをフォローする

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

利尻島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました