島旅を楽しもう!

【利尻島】利尻 島の駅のギャラリーとカフェメニュー

島の駅 利尻島

利尻 島の駅は、沓形フェリーターミナルから徒歩10分の場所にある島の駅。

元は兼上渡辺商店という海産問屋で、築120年以上という利尻島で最も古い歴史ある建物です。

看板

カフェ「自給自足利尻に恋し店」、石蔵文化ギャラリー「海・エメラルド」が併設されてるほか、旅の思い出に残る「海藻押し葉体験」ができます。

石蔵文化ギャラリー「海・エメラルド」

通路

石蔵文化ギャラリーに続く通路には歴史を感じる写真やポスター、

タンス

タンスや時計など、貴重な家具の数々。タイムスリップギャラリーという名のごとく、時代を感じる空間になっています。

海・エメラルド

石畳の奥にあるのが石蔵文化ギャラリー「海・エメラルド」です。

流木アート

石蔵までの道には流木アートや、

花壇

花壇もあり、自然を感じながら歩くことができます。

球体の大きなオブジェ

入ってすぐに目に飛び込んでくるのは、丸い球体の大きなオブジェ。

校歌

オブジェの周りには利尻島の学校の校歌などが公開されています。

オブジェ

島民のみなさんで作ったというオブジェは、島の暮らしが描かれていてとてもインパクト大。水色の光がきれいで心を惹きつけられます。

利尻富士の絵画

利尻富士の絵画が飾られているコーナー。繊細なタッチで描かれた利尻富士はどの絵も素晴らしく、感動しました。

オルゴール

海の石でできたオルゴール。きらきらと幻想的な万華鏡をのぞきながら、素敵な音色を楽しんでみてください。

カフェ「自給自足利尻に恋し店」

カフェ店内

ギャラリーを楽しんだところで、島の駅内にあるカフェ「自給自足利尻に恋し店」で一休み。

店内

店内はアンティークな雰囲気で、とても素敵です。

メニュー

ランチタイムは11:00~14:00。14:00~はアフタードリンクタイム(ドリンクとデザートのみ)となっています。

カフェのメニュー

メニューはすべて利尻昆布のダシを使っているとのこと。今回は石焼きトマトリゾットを注文。

おもなメニュー
  • 石焼きチーズカレー
  • 石焼きトマトリゾット
  • 石焼きたらこマヨネーズご飯
  • じゃことカリカリ梅のおこげ飯
スープ

スープは昆布の香り豊かであっさりしておいしく、あっという間に飲み干していました。温サラダにかける塩は、スパイス・ハーブ・ハイビスカスの3種類。

利尻昆布酢は利尻オリジナルで、昆布の香りが利いたまろやかな酢でした。

トマトリゾット

トマトリゾットの上に乗っているのは豆腐。昆布の香りがふわっと漂ってきて、トマトの酸味と合っています。

トマトリゾット

最初はそのまま味わい、次にハーブソルトが入ったオイルをかけて、風味の変化を楽しんでください。塩気とコクが増しておいしいですよ。

デザート

デザートの自家製シフォンケーキはふわふわしっとり。

レトロなストーブ

カフェ内にはレトロなストーブも設置されています。

コーヒー

肌寒い日には木のイスに座り、暖をとりながらコーヒーをいただくのもいいですね。

お土産

店内では利尻昆布のお土産も販売されています。

海藻ペーパーウエイト

会計カウンターでは利尻 島の駅でしか買うことのできない、かわいらしいガラス製の海藻ペーパーウエイトも販売。利尻の思い出におひとついかがでしょうか。

施設情報
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:火曜日(10月~3月は月・火曜日)
  • アクセス:沓形フェリーターミナルから徒歩10分
  • URL:https://shimanoeki-rishiri.com/
この記事を書いた人
A.O
A.O

利尻島に住んで10年以上経ちました。夏は観光の季節。みなさんに少しでも利尻の良さを伝えられたら良いなと思っています。

離島ガイドをフォローする

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

利尻島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました