観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【利尻島】白い恋人の丘(沼浦展望台)への行き方と見どころ

沼浦展望台 利尻島

白い恋人の丘(沼浦展望台)は、北海道を代表する銘菓「白い恋人」のパッケージに描かれている利尻富士に一番近い利尻富士を見られるスポット。

利尻島の人気観光スポット「オタトマリ沼」から徒步15分ほどの場所にあります。

白い恋人の丘(沼浦展望台)への行き方や見どころをまとめました。

白い恋人の丘(沼浦展望台)への行き方

白い恋人の丘(沼浦展望台)は鴛泊地区や沓形地区から車や路線バスで約30~40分。

路線バスの場合は、鴛泊からはAコース、沓形からはBコースのバスに乗車します。下車するバス停は「沼浦」です。

鴛泊方面からのアクセス
  • バス
    鴛泊フェリーターミナルor鴛泊栄町
    宗谷バス(Aコース/鬼脇行)
  • 沼浦
沓形方面からのアクセス

バス停から白い恋人の丘(沼浦展望台)への登り口までは徒歩3分ほど。

登り口

さらに登り口から白い恋人の丘(沼浦展望台)までは600mほど歩きます。

坂道

ゆるやかな坂道を右手に、

1本道

白い恋人の丘(沼浦展望台)までは1本道になっています。

1本道

道幅は車が一台通れるほどの広さ。車で行く人も多いので、気をつけて歩きましょう。

入口から白い恋人の丘(沼浦展望台)までは歩いて15分ほどです。

白い恋人の丘(沼浦展望台)の見どころ

沼浦展望台

白い恋人の丘(沼浦展望台)からは、利尻富士・オタトマリ沼・沼浦海岸を一望でききます。ちなみに、「白い恋人の丘」は愛称で、正式名称は「沼浦展望台」です。

十六景スタンプラリー

十六景スタンプラリーも設置されているので、時間に余裕のある方はスタンプラリーに挑戦するのもおすすめ。

オタトマリ沼

場所によってはオタトマリ沼も見えます。

利尻富士

絶景の利尻富士(アップで撮影)。

利尻富士

帰りに眺める利尻富士も素敵です。壮大な景色を堪能しながら沼浦の自然を満喫ください。

スポット情報
  • 営業期間:5月~10月(11月~4月は閉鎖)
  • アクセス:沼浦バス停から徒歩15分
この記事を書いた人
A.O
A.O

利尻島に住んで10年以上経ちました。夏は観光の季節。みなさんに少しでも利尻の良さを伝えられたら良いなと思っています。

離島ガイドをフォローする

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

利尻島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました