島旅を楽しもう!

【利尻島】アザラシに会える「仙法志御崎公園」への行き方と見どころ

仙法志御崎公園 利尻島

仙法志御崎公園は、利尻山が噴火した際に溶岩でできた奇岩や、あざらしのエサやり体験ができるスポット。

仙法志御崎公園への行き方と見どころをまとめました。

仙法志御崎公園への行き方

仙法志御崎公園は鴛泊地区から車や路線バスで約40~50分、沓形地区からは約20~25分。

路線バスの場合は、鴛泊からはAコース、沓形からはBコースのバスに乗車します。下車するバス停は「御崎」です。

鴛泊方面からのアクセス
  • バス
    鴛泊フェリーターミナルor鴛泊栄町
    宗谷バス(Aコース/鬼脇行)
  • 御崎
沓形方面からのアクセス

「御崎」バス停で下車すると、すぐに御崎公園があります。

御崎公園の見どころ

猛々しい利尻富士と奇岩

十六景スタンプラリー

御崎公園から見る利尻富士は十六景スタンプラリーのポイントにもなっていて、もっとも猛々しい姿を見ることができます。

海

海も透き通っていて、底が見えるくらいきれいです。

撮影スポット

利尻山が噴火した際の溶岩でできた奇岩も見逃せません。

あざらしのエサやり体験

あざらしのエサ

御崎公園の見どころの一つがあざらしのエサやり体験。

水槽

御崎物産というお店でエサを購入(100円)し、あざらしがいる水槽へ。ちなみに、かもめに狙われるので、手でフタをしながら運んだほうがいいそうです。

あざらし

エサをあげるポイントに着くと、あざらしが近寄ってきます。とってもかわいい!

あざらし

箸でエサをつかんで網の外へ出すと、ぱくっ。後ろのアザラシも欲しそうにこちらを見ています。

あざらし

2頭でエサを食べに来る姿がとっても愛らしいです。

海を見ながら新鮮なウニを味わえる

ウニの売店

御崎公園では新鮮なウニも販売しています。小さいウニが800円、大きいウニだと1,000円で食べられるとのこと(取材時)。

ウニ

もぞもぞと動く感触がおもしろい。

ウニを剥いているところ

目の前でウニを剥いてくれます。

ウニの身

慣れた手つきであっという間にきれいな身だけに。大きい粒でおいしそう。

ウニ

身と殻とスプーンをザルにのせてくれるので、それを持って席のほうへ。

海

海を眺めながら座れるイスがあります。海を眺めながら食べられるなんて最高ですね♪

ウニ

さっそく、いただきます。バフンウニなので、濃厚で甘みがありおいしいです。

あざらしと触れ合えて、むきたての新鮮なウニも味わえる「仙法志御崎公園」。ぜひ足を運んでみてください。

施設情報
  • 営業時間:8:30~17:15
  • 営業期間:5月~10月
  • アクセス:「御崎」バス停から徒歩すぐ
この記事を書いた人
A.O
A.O

利尻島に住んで10年以上経ちました。夏は観光の季節。みなさんに少しでも利尻の良さを伝えられたら良いなと思っています。

離島ガイドをフォローする

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

利尻島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました