北海道

【利尻島】鴛泊の町や礼文島を望むビュースポット「ペシ岬展望台」

ペシ岬展望台

ペシ岬は、別名「灯台山」とも呼ばれる岩山。中腹には会津藩士の墓もあり、山頂の展望台からは鴛泊の町はもちろん、礼文島や北海道本土の稚内市まで望めます。

鴛泊フェリーターミナルからは徒歩5分

ペシ岬展望台

利尻島の玄関口「鴛泊フェリーターミナル」の待合室からも見える高台が「ペシ岬展望台」。

展望台の入り口

ペシ岬展望台の入り口は、鴛泊フェリーターミナルから徒歩5分ほど。

山頂までの道

入り口から山頂まではさらに20分ほど登ります。

展望台までの道は細くて急な坂道なので、雨の日や風の強い日は滑ってしまう危険も。ですので、ペシ岬展望台の山頂へは天気の良い日をおすすめします。

運動に適した服装と靴で登ろう

でこぼこ道

ペシ岬展望台の道は、舗装された道を過ぎると、でこぼこした石の道になります。ですので、訪れる際は動きやすい服装やスニーカーがおすすめ。できれば手荷物などもない方が登りやすいです。

海

少し登ると左手には海、

鴛泊港

右手には鴛泊港が見えます。ちょうどフェリーが出航するところでした。

中腹には会津藩士の墓と広場

ペシ岬の中腹

ペシ岬の中腹に着きました。ここまで約3分ほど。中腹には会津藩士の墓とロータリー憩いの広場があります。

会津藩士の墓

会津藩士の墓は、1800年代初頭に利尻島警備に当たった会津藩士の墓碑です。歴史に思いを馳せてそっと手を合わせてみては。

ロータリー憩いの広場

広場にはベンチも設置されているので、海や利尻富士を眺めながら休憩するのもおすすめ。頂上まで登らなくてもここからの景色もきれいですよ。

利尻十三景

また、ここからは利尻山十六景スタンプラリーの十三景が見えます。訪れた日は残念ながら利尻山が雲に隠れてしまいました。

広場から先は体力に合わせて登頂を!

でこぼこした石の道

広場から頂上への道はだんだん傾斜がきつくなってくるので、ここから先は少し体力が必要です。

山頂への道

少し行くと、柵がなくなる場所もあるのでお気をつけください。

分岐点

途中で2つのルートに分かれる分岐点があります。左の道はまっすぐで短いけれど急な岩場。

なだらかな道

右の道は長いけれどなだらかな道。体力に自信があるなら左の道、少し不安があるならなだらかな道がおすすめです。

今回はちょうど人が降りてきたところだったので、左の道を進みます。行きと帰りで違う道を進むのも良いですね。

大きな岩

左の道はゴロゴロした大きな岩が続きます。

急勾配

急勾配なので、柵をつかみながら登った方が安心です。

登り道

後ろを振り返ると、けっこう急な登り道ということがわかります。遠くには鴛泊フェリーターミナルも見えますね。

頂上まであと少しです。

360度見渡せる利尻島の美しい景色

頂上

入口から20分ほど登って頂上に到着です!

頂上からの景色

頂上からの眺め。周りに遮るものがないので、360度見渡せます。

鴛泊の町

こちらは鴛泊の町。奥に見えるのは礼文島です。ペシ岬は日中登ってもきれいな景色を眺めることができますが、朝日や夕日も絶景のスポット。

海と空がだんだんオレンジ色に染まる風景はとても幻想的ですので、ぜひ朝や夕方にも登ってみてください。

帰りも足元には気をつけて

帰り道

景色を堪能したらもと来た道を戻りましょう。帰り道はなだらかなルートで下ります。

狭い道

一人通れるくらいの狭い道。ごろごろした岩を降りていくので気をつけながら。

平坦な道

石の道を降りると平坦になるので、高山植物を楽しみながら歩くこともできますよ。

高山植物

ペシ岬展望台は鴛泊フェリーターミナルから往復1時間ほどで登頂できますので、フェリーの待ち時間などに訪れるのもおすすめ。ぜひお好きな時間に足を運んでみてください。

ABOUT ME
A.O
A.O
利尻島に住んで10年以上経ちました。夏は観光の季節。みなさんに少しでも利尻の良さを伝えられたら良いなと思っています。