北海道

【利尻島】有形文化財にも指定される由緒ある神社「北見神社」

北見神社

鴛泊港から路線バスで約30分の場所にある鬼脇エリア。

メインの観光スポットといえば利尻島郷土資料館や、オタトマリ沼などがありますが、ちょっと寄り道におすすめなのが「北見神社」です。

北見神社への道

最寄りのバス停は「鬼脇」。バス停から北見神社の鳥居が見えるので、北見神社へ向かってまっすぐ歩いていきます。

北見神社

鬼脇バス停からは5分ほどで到着です。ちなみに郷土資料館からは10~15分ほど。

境内

境内は利尻富士町指定有形文化財にも指定され、春は利尻島内の桜の名所としても知られています。

利尻は日本で最後に桜が開花する場所なので、開花のタイミング次第では6月はじめまで桜を見ることができますよ。

手水舎

こちらは自然石で造られた手水舎。

北海道三景之碑

手水舎の奥には北海道三景之碑があります。北海道小樽新聞社が北海道名勝地三景を決める読者投票をし、利尻富士が1位になった記念碑です。

綱島貞助顕彰碑

さらに鳥居の前には綱島貞助顕彰碑も。利尻の水産業の発展などに尽力したことを称えた碑です。

拝殿

参道を通り拝殿へ。

お社

立派な造りのお社です。

北見神社では毎年6月27日~29日に北見神社例大祭があり、神輿を担いで練り歩く姿や、天狗や獅子舞を見ることもできます。時期があえばぜひご覧になってみてください。

ABOUT ME
A.O
A.O
利尻島に住んで10年以上経ちました。夏は観光の季節。みなさんに少しでも利尻の良さを伝えられたら良いなと思っています。