観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【利尻島】桜の名所「北見神社」への行き方と見どころ

北見神社 利尻島

北見神社は鬼脇地区にある神社。鬼脇地区にある利尻島郷土資料館や、オタトマリ沼などの観光スポットと合わせて、ちょっと寄り道におすすめのスポットです。

北見神社への行き方と見どころをまとめました。

北見神社への行き方

北見神社は鴛泊地区や沓形地区から車や路線バスで約30分。

路線バスの場合は、鴛泊からはAコース、沓形からはBコースのバスに乗車します。下車するバス停は「鬼脇」です。

鴛泊方面からのアクセス
  • バス
    鴛泊フェリーターミナルor鴛泊栄町
    宗谷バス(Aコース/鬼脇行)
  • 鬼脇
沓形方面からのアクセス

バス停から北見神社の鳥居が見えるので、北見神社へ向かってまっすぐ歩いていきます。

北見神社への道

鬼脇バス停からは5分ほどで到着です。

北見神社の見どころ

北見神社

北見神社の境内は利尻富士町指定有形文化財にも指定され、春は利尻島内の桜の名所としても知られています。

境内

利尻は日本で最後に桜が開花する場所なので、開花のタイミング次第では6月はじめまで桜を見ることができますよ。

手水舎

こちらは自然石で造られた手水舎。

北海道三景之碑

手水舎の奥には北海道三景之碑があります。北海道小樽新聞社が北海道名勝地三景を決める読者投票をし、利尻富士が1位になった記念碑です。

綱島貞助顕彰碑

鳥居の前には利尻の水産業の発展などに尽力したことを称えた、綱島貞助顕彰碑もあります。

拝殿

参道を通り拝殿へ。

お社

立派な造りのお社です。

北見神社では毎年6月27日~29日に北見神社例大祭があり、神輿を担いで練り歩く姿や、天狗や獅子舞を見ることもできます。時期があえばぜひご覧になってください。

この記事を書いた人
A.O
A.O

利尻島に住んで10年以上経ちました。夏は観光の季節。みなさんに少しでも利尻の良さを伝えられたら良いなと思っています。

離島ガイドをフォローする

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

利尻島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました