北海道

【利尻島】入園無料!平地で気軽に高山植物が楽しめる「高山植物展示園」

高山植物展示園

本州では標高2,000mの場所にしか咲かない高山植物。しかし、利尻島では平地で高山植物を鑑賞できるスポットがあります。

案内板

鴛泊フェリーターミナルからレンタサイクルで約10分(徒歩20分)の場所にある「高山植物展示園」です。

入園はなんと無料!島内で自然散策の時間がない人も気軽に楽しむことができます。

敷地内には休憩できるベンチなども完備。隣にはサイクリングロードも通っています。天気の良い日は自転車でサイクリングロードを走るのも気持ちが良いですよ。

植物園

ベンチのある休憩所の方へ進んでいくと植物園があります。

扉

扉をくぐると、たくさんの高山植物がお出迎え。

遊歩道

ゆるやかな坂道や円になった道を歩きながら、植物を鑑賞します。

オンコ

こちらはオンコ。秋になると赤くて甘い実をつける木です。

オヨベキキョウ

青紫のきれいな花びらが魅力的なオヨベキキョウ。

エゾゴゼンタチバナ

エゾゴゼンタチバナ。秋には赤い実を鑑賞できるそう。

レブンソウ

レブンソウ。礼文島の固有種ですが高山植物展示園でも見ることができます。

エゾツツジ

エゾツツジ。濃いピンクの花びらがかわいらしいです。

高山植物

ほかにもさまざまな高山植物が植えられていて、季節によって楽しむことができます。

エゾカンゾウ

エゾカンゾウも咲いていました。

ミヤコグサ

ミヤコグサの黄色も植物園を彩っています。

センダイハギ

センダイハギは6月が見頃のよう。

頂上

高山植物園の頂上。

頂上からの眺め

上からは数々の高山植物を見渡すことができます。

ヤクシマシャクナゲ

屋久島の固有種であるヤクシマシャクナゲも咲いていました。

エゾイソツツジ

エゾイソツツジも6月~7月にかけてが見頃。

カラフトハナシノブ

カラフトハナシノブ。紫の花をつけてまっすぐに伸びています。

リシリヒナゲシ

リシリヒナゲシも咲き始めていました。

リシリヒナゲシ

リシリヒナゲシは7月になると見頃を迎えます。

登山しなくてもたくさんの種類の高山植物を鑑賞できる高山植物展示園。入園は自由なのでぜひ足を運んでみてください。

旅データ

  • 営業期間:5/1~10/31
  • アクセス:鴛泊フェリーターミナルから自転車で約10分(徒歩20分)

ABOUT ME
A.O
A.O
利尻島に住んで10年以上経ちました。夏は観光の季節。みなさんに少しでも利尻の良さを伝えられたら良いなと思っています。