北海道

利尻島・礼文島行きフェリーの乗船方法とフェリーターミナル情報

利尻島や礼文島へのアクセスでもっとも一般的な方法がフェリーです。シーズン中は1日3~4便、冬は1日2便運航しています。

今回はフェリーを利用するうえで気になる、稚内フェリーターミナルやフェリー内の様子、乗船方法をご紹介します。

稚内フェリーターミナル情報

ターミナル外観

こちらは稚内フェリーターミナルの外観。利尻島や礼文島以外にもロシア・サハリン行きのフェリーも運航しています。

観光ガイドマップ

入り口には、利尻・礼文の観光ガイドマップが設置されていますので、旅の参考にどうぞ。

窓口

中に入ったらまずは乗船券売り場の窓口、もしくは隣の券売機でチケットを購入しましょう(窓口の受付は1時間前から開始)。

客室は「2等」「1等和室」「1等ラウンジ」があります。1等和室とラウンジは乗船日の2ヶ月前から電話やWebでの予約も可能です(2等は予約不可)。

乗船手続きは、2等が出港時間の30~40分前、1等が出港時間の20分前までとなります。特に2等は定員になると乗船できなくなるので、早めに乗船手続きを行いましょう。

時刻表:http://www.heartlandferry.jp/timetable/

混み合う時期は、30~40分前には列ができます。観光シーズンはツアーの団体が並ぶと一気に長蛇の列になるため、なるべく早めの行動をおすすめします。

1階の設備

コインロッカー

1階のトイレ横にはコインロッカーがあります。料金は小さいロッカーが300円、大きいロッカーが500円です。

フェリー内の荷物管理は自分で行う必要があるため、利尻に行く際は余分な荷物をぜひ預けて行くことをおすすめします。

売店

売店では、北海道銘菓やお土産のほか、お弁当や飲み物なども販売しているので、フェリー内でご飯を食べたい場合はここで買いましょう。

観光案内所

1階にはバスの乗車券も購入できる観光案内所もあります。営業時間は9:00~16:30まで。

エスカレーター

エスカレーターとエレベーターを完備していますが、エスカレーターは上り専用なので、降りる場合は階段で。

2階の設備

2階にはフェリー乗り場とレストランがあります。

シーサイドレストラン

こちらはシーサイドレストラン「yu~来」。

ホタテラーメンや宗谷牛ハンバーグ定食、ジンギスカン定食など、いろいろなメニューが並んでいます。食事はもちろん、ソフトクリームやコーヒーで休憩しながら海を眺めるのもいいですね。

待合所

こちらは待合所。ゆったり腰掛けられるイスも完備。

フェリー

待合所からはフェリーも見えます。利尻・礼文島行きのフェリーは「サイプリア宗谷」「ボレアース宗谷」「フィルイーズ宗谷」があり、写真のフェリーはフィルイーズ宗谷です。

いよいよ乗船!

乗り場

さすが観光シーズン、たくさんの観光客で乗り場には列ができていました。

ちなみに、観光シーズンのピークは6~7月です。団体ツアーはこの時期がピークで、8月は個人や家族連れの観光客が多いです。

乗船

乗船開始。ボーディングブリッジ(館内通路)なので、雨の日でも心配ありません。

客室

こちらは1階にある2等室。フィルイーズ宗谷・ボレアース宗谷はオープンスペースとなっていて、靴を脱いで床に座るタイプです。サイプリア宗谷はイス席もあります。

1等室はマットレスと毛布を完備していて横になれるようになっており、ラウンジ席はリクライニングシートのイス席でゆったりとくつろげます。

ちなみにこちらは船首部分の2等室。進行方向が見えて楽しめますが、船酔いしやすい方は避けた方がベター。

ベンチ席

甲板にはベンチ席もあります。

甲板

晴れた日は、潮風を感じながら景色を眺めるのも気持ちが良いですよ。

ちなみに船酔いのしにくさは「船首部分→中央の後側→甲板ベンチ」です。ただし、甲板ベンチは基本的に寒いので、座るのは天気の良い暖かい日に限ります。

2等の場合、席は早いものがちなので、船酔いしやすい人は早めに行って、比較的揺れにくい中央の後側の席を確保することをおすすめします。

売店

売店

船内には売店があり、パンや菓子類のほか、フェリーのお土産なども販売しています(食堂はなし)。インフォメーションの役割もあるので、わからないことがあればこちらで聞いてください。

稚内牛乳

稚内牛乳や、稚内牛乳アイスクリームなども販売しているので、利尻に着くまでの間、稚内の味も堪能してみては。濃厚でおいしいですよ。

いよいよ出航!

出航

利尻までは1時間40分、礼文までは1時間55分の船旅です。

稚内の町並み

稚内の町並みが徐々に遠くなっていきます。海を眺めたり、船の揺れを感じながらゆったりとした時間を楽しんで。

利尻

到着20分前になると、フェリーの中からも利尻が見えてきますよ。

甲板まで上がると、より鮮明に見ることができます。ぜひフェリーで利尻・礼文島の旅をお楽しみください。

船の揺れついて

波の高さが1mだとあまり揺れを感じませんが、2mあたりから揺れを感じるようになり、特にうねりをともなうと、揺れを強く感じます。

3mになると海と空が交互に見えるくらい揺れ、酔ってダウンしている方がチラホラ(特に中央がフリースペースになっているフェリーの場合)。

ですので、確実に船酔いしない人以外は2~2.5m以上は酔い止めを飲んだほうが安心です。ただし、酔いやすい人は、波の高さに関係なく酔い止めを飲んでから乗ったほう快適な船旅を楽しめます。

ちなみに4メートル以上になると欠航します(欠航は冬場が多く、観光シーズンの夏場は滅多に欠航しません)

あわせて読みたい
稚内・札幌方面から利尻島・礼文島への行き方利尻島・礼文島は札幌から約240km。利尻島へは飛行機とフェリー、礼文島にはフェリーでそれぞれの島へ渡ることができます。 利尻島・...
ABOUT ME
A.O
A.O
利尻島に住んで10年以上経ちました。夏は観光の季節。みなさんに少しでも利尻の良さを伝えられたら良いなと思っています。