北海道

北海道

【礼文島】全長約2.4km、花々が咲き乱れる「桃岩展望台コース」でトレッキングを楽しむ

桃岩展望台コースは、桃岩登山口をスタートするトレッキングコース。今回は桃岩展望台で折り返すコースに挑戦してみました。全長は約2.4km、約1時間30分~2時間の道のりです。 ※細い遊歩道がありますが、高山植物にくわしい花ガイドさんとい...
北海道

【利尻島】利尻富士と水鳥の群生に出会える「オタトマリ沼」

オタトマリ沼は、利尻島の南部にある1周1kmほどの小さな沼です。アカエゾマツの原生林に囲まれた利尻島の代表的な名勝で、きれいな景色を楽しめます。 晴れた日には利尻富士と呼ばれる利尻山の撮影スポットになっていて、風が凪いでいれば、逆さ富...
北海道

【利尻島】異国風&幻想的な風景と花畑が広がる「南浜湿原」

南浜湿原は、ミズゴケが発達した湿原です。微生物のはたらきがよくないため、1年に1mmずつ4mもの泥炭が堆積しています。現在の姿になるまで堆積するのに4千年かかっているんだとか。釧路湿原よりも2mも深く堆積しているそうです。 1周は約1...
北海道

【礼文島】全長約12.4kmスコトン岬~ゴロタ岬~鉄府(岬めぐりコース)トレッキングを楽しむ

礼文島の北部の突端に突き出た岬から岬へと海岸線をトレッキングする「岬めぐりコース(軽登山コース)」。 朝から曇っていたのですが、礼文島のメインイベントだった、スコトン岬からゴロタ岬を通って鉄府までの海岸線ルートを4時間かけてトレッキン...
北海道

【礼文島】島に生息する約50種の高山植物を見学できる「高山植物展示園」

レブンアツモリソウ群生地から車で10分ほどの場所に、礼文島に咲く花々を展示・保護する高山植物展示園があります。 建物を入って入場料を払うと、1輪のアツモリソウが迎えてくれました。 狭い館内を通って植物園に入ります。屋外で...
北海道

【礼文島】絵本の挿絵のような「北のカナリアパーク」は利尻山も絶景だった

北のカナリアパークは、映画「北のカナリアたち」のロケで使われた麗端小学校岬分校が保存されている場所です。礼文島の南端にあり、香深港から海岸線沿いにバスで行くことができます。 赤い屋根が印象的な建物で、館内にも入ることができ5分ほどで見...
北海道

【礼文島】木々の木陰にひっそりと咲く白い花「レブンアツモリソウ群生地」

レブンアツモリソウは、国内では礼文島でしか見られない希少な花。盗掘が絶えず激減してしまった種で、天然記念物に指定されています。 今回訪れたレブンアツモリソウ群生地は、鉄府から車で10分ほどの場所にあり、植物群落保護林として特別...
北海道

【利尻島】水面に映る利尻富士が美しい「姫沼」を散策する

姫沼は利尻島の北側、鴛泊港から近い場所にある小さな湖です。鴛泊港(おしどまりこう)から車で約10分。路線バスなら徒歩も合わせてから約30分で到着します。 姫沼の手前で「姫沼」の看板が迎えてくれました。うしろに見えるのが姫沼です。新緑が...
北海道

【奥尻島】レンタサイクルでのどかな景色と自然を満喫した1泊2日の旅

瀬棚港から奥尻島へ、1泊2日の旅に出かけてきました。瀬棚から奥尻までのフェリーは5月から10月中旬までの期間のみですが、江差からに比べて距離が近く、1時間半くらいで到着します。 奥尻島に限らず離島全般に言えるのですが、やはり船...
北海道

【奥尻島】奥尻島フットパスで島の景色を楽しむ1泊2日の癒やし旅

北海道の南西に浮かぶ島、奥尻島。日常を忘れてのんびりしたいと、1泊2日で旅をしてきました。函館から飛行機で30分の距離ですが、対岸の江差港からフェリーで向かうのもおすすめです。 のんびり海原をながめ、甲板で風にあたっていると、だんだん...
NO IMAGE 北海道

札幌・旭川方面から天売島・焼尻島への行き方

天売島と焼尻島へのアクセスはフェリーと高速船のみ。フェリー乗り場までは旭川や札幌方面からのアクセスが便利です。天売島・焼尻島への行き方を詳しくご紹介します。 フェリー・高速船で行く フェリーと高速船は、北海道北部の羽幌港フェリーター...
北海道

稚内・札幌方面から利尻島・礼文島への行き方

利尻島・礼文島は札幌から約240km。利尻島へは飛行機とフェリー、礼文島にはフェリーでそれぞれの島へ渡ることができます。 利尻島・礼文島への行き方を詳しくご紹介します。 利尻島へ飛行機で行く 利尻空港へは、新千歳空港と札幌(丘...
スポンサーリンク