観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【礼文島】島内観光の移動手段4つ

礼文島は南北29km、東西8kmと意外と大きく細長い島。

観光スポットも南部と北部にあるため、徒歩での観光は簡単ではありません。電車も走っていないため、移動手段も限られます。

礼文島内で観光に使えるの移動手段についてまとめました。

バス

礼文島では宗谷バスが運行する路線バスと定期観光バスがあります。

路線バス

路線バスは、香深フェリーターミナルを起点に北部の「スコトン行き」、南部の「知床行き」、西部の「元地行き」の3系統が運行

4月~9月の期間限定で、桃岩登山口行きの路線も運行しています。

スコトン岬や北のカナリアパーク、うにむき体験センターなど主要観光スポット近くのバス停で停まりますが、1日の本数が3~5本と少ないのがネックです。

路線バスを利用する場合は、事前にしっかりとリサーチして観光プランを立てておくと旅行当日に慌てることがありません。

定期観光バス

定期観光バスは、ゴールデンウイーク期間と5月下旬~9月30日までの期間限定で運行しています。

コースはAコース(3時間50分)とBコース(2時間25分)の2種類。スカイ岬やスコトン岬、桃台猫台、北のカナリアパークなど主要観光スポットを巡ります。

予約制で3ヶ月前から電話予約を受付ているので、観光バスを利用する際は忘れずに予約しましょう。

レンタカー

電車もなく、路線バスの本数も少ない礼文島では、車で周る方法が一番効礼文島を堪能できます。

ただし、離島なので料金もガソリン代も高いです。料金の目安(3時間)は、軽自動車6,000円~、ワゴン車15,000円~

香深フェリーターミナルの近くに2社のレンタカー会社があります。台数にも限りがあるので、特に観光シーズン中は早めの予約がおすすめです。

礼文観光レンタカー

  • 香深フェリーターミーナル目の前
  • 料金にガソリン代込み
軽自動車普通車ワゴン車
3時間6,600円~8,800円~15,450円~
4時間7,700円~10,450円~17,610円~
5時間8,800円~12,100円~19,770円~
6時間9,900円~13,750円~21,930円~
10時間12,650円~16,500円~25,170円~
24時間14,850円~19,250円~27,330円~
以後1日12,650円~13,750円~23,010円~
超過1時間2,200円~3,300円~4,320円~
予約
  • TEL:0163-86-1360
  • 営業時間:7:00~18:00

トヨタレンタカー

  • 香深フェリーターミーナル目の前
  • クレジットカード払い対応
普通車ワゴン車
3時間9,240円~18,260円~
4時間10,890円~20,020円~
5時間12,540円~21,780円~
6時間14,190円~23,540円~
10時間17,050円~29,150円~
24時間20,350円~33,220円~
48時間36,630円~59,840円~
以後1日16,280円~26,620円~
超過1時間3,410円~3,850円~

タクシー

近場を移動するならタクシーがおすすめ。ただし、観光シーズン中は観光タクシーとして予約が埋まっていることが多く、流しのタクシーはほとんど走っていません。

空港や港からタクシーを利用しようと考えている場合は、前日までにタクシーの手配をしておくのがおすすめです。

ちなみに、観光タクシーの料金は3時間23,000円~。モデルコースがあるほか、希望に合わせて行き先も決められるので、自分だけのツアーを楽しめますよ。

礼文島のタクシー会社
  • 礼文ハイヤー:0163-86-1320
  • イシドウハイヤー:01638-6-1148
  • 開成タクシー:0163-87-3222

礼文ハイヤーはアソビューからも予約ができます。

レンタバイク・レンタサイクル

一人旅や二人旅ならレンタバイクでの観光もおすすめです。礼文島内の道路はアップダウンも多いため、自転車は宿周辺など近場の移動に向いています。

原付バイクの場合も海沿いは横風を受けやすいため、運転には注意が必要です。

香深フェリーターミーナル近くの「CAT ROCK」で自転車(3段変速自転車/電動アシスト付き自転車)や原付バイク(50cc/90cc/125cc)を借りられます。

自転車原付バイク
1時間500円~1,000円~
2時間2,000円~
3時間2,500円~
4時間3,500円~
5時間以上4,500円~
1日2,000円~
  • 営業時間:8:00~17:00
  • お問い合わせ:090-7517-1095

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

北海道
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました