観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【北海道】函館空港と江差港から奥尻島への行き方

北海道

奥尻島へのアクセス方法はフェリーと飛行機。フェリーは江差港、飛行機は函館空港から定期便が運行しています。

奥尻島への行き方を詳しくまとめました。

飛行機で奥尻島へ行く

飛行機は、函館空港から奥尻空港へHAC(北海道エアシステム)とJALの共同運航で定期便(36人乗りプロペラ機)が運航しています。

運賃はフェリーよりも高めですが、とにかく早く着きたいという方におすすめです。

函館空港は 東京(羽田)、大阪(関西・伊丹)、名古屋(中部)、札幌(新千歳・丘珠)などの主要都市から直行便があるので乗り継ぎにも便利です。

フェリーで奥尻島へ行く

フェリーは江差町の江差港から定期便が運航。フェリーなので自転車や、バイク、車(要予約)も乗せられます。

客室は2等、2等指定席、1等アイランドビューシート、特別室の4種類。レディースルームやキッズ・ベビールーム、ペットルームも完備しています。

江差港への行き方

函館方面からのアクセス
  • バス
    函館空港
    シャトルバス
  • バス
    JR函館駅
    函館バス(610系統/江差ターミナル行)
  • 徒歩
    姥神(うばがみ)町フェリー前
    徒歩
    • 所要時間:約3分
  • フェリー乗り場

函館バス(610系統/江差ターミナル行)は、新函館北斗駅(5番のりば)も経由します(約1時間15分/1,900円)。時刻表はこちら

札幌方面からのアクセス
  • 電車 or バス
    札幌駅
    JR函館本線/特急北斗(函館行)
    • 所要時間:約3時間30分
    • 運賃:8,910円~
    高速はこだて号
  • バス
    新函館北斗駅
    函館バス(610系統/江差ターミナル行)
  • 徒歩
    姥神(うばがみ)町フェリー前
    徒歩
    • 所要時間:約3分
  • フェリー乗り場

新千歳空港からの場合は、新千歳空港駅からJR千歳線/快速エアポートで南千歳駅へ、南千歳駅からJR函館本線/特急北斗を利用すると便利です。

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

北海道
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました