鹿児島

旅立つ前に要チェック!徳之島のシーズン別・天気と服装

徳之島の気候

徳之島の年間平均気温は21.3℃。一年を通してずっと暖かい「南の島」「常夏」のイメージが強い徳之島ですが、実は年間を通してずっとポカポカ陽気なわけではありません。

夏は暑く」「冬は寒い」と季節により気候が異なります。

徳之島旅行の準備をする前に、まず「シーズン別の天気と服装」をチェックしておきましょう。

春(3月〜4月)

春の服装

短い冬が終わり、太陽の陽が暖かく感じられる日が多くなる3月。まだ半袖で過ごすには肌寒く、薄手の長袖に追加して、薄手のパーカーを羽織った服装で過ごしています。

ただ島外から来た方にとっては暖かく感じるようで、半袖で過ごしている観光客の姿も見かけます。

4月になると、日中の気温は25℃〜26℃まで上昇することもあり、真夏のような日差しが照りつけることもありますが、注意したいのが温度差です。

まだ朝方は冷え込むことが多く、最低気温は10℃、最高気温は25℃と温度差が大きいのもこの季節の特徴です。

おすすめの服装

  • 薄手の長袖に薄手のパーカー
  • 気温が上がる日中は半袖でもOK
  • スエット生地の服(朝方の冷え込み対策)

梅雨(5月〜6月)

梅雨の服装

徳之島の梅雨は例年5月上旬頃~6月下旬頃。梅雨入りから梅雨明けまでは、亜熱帯気候特有のジメジメとした蒸し暑い日と雨の日が多くなります。

しかし徳之島の天気は変わりやすく、午前中だけ雨が降り、日中は真夏のような晴天、そして夕方にスコールのような土砂降りになることもあるので、急なお天気の変化にも対応できる服装が好ましいです。

脱ぎ着のしやすい服装や、折り畳み傘やカッパなどの雨具を用意しておくと良いでしょう。

また、ゴールデンウィークには海開きが行われるので、海で泳いだり、マリンスポーツを楽しむ場合には、水着やラッシュガード、ビーチサンダルがあると便利です。

この季節はまだ海の水は冷たいので、海から上がったときにすぐに羽織れる長袖は必須です。

おすすめの服装

  • 基本は半袖で大丈夫
  • 天気が変わりやすいため着脱のしやすい洋服
  • 海遊びの際は長袖が必要

夏(7月〜8月)

夏の服装

徳之島で一番暑い季節です。空も山も海もすべてがキラキラしています。午前中から30℃を超える日も珍しくなく、雨も少ないので、照りつける日差しが痛く感じることもあります。

気温だけを考えると、半袖やノースリーブ、短パンなどの薄着で過ごしたくなりますが、紫外線が強いので、UVカットのパーカーや帽子、サングラスなどの紫外線対策も必要です。

絶対に日焼けは避けたいという方は、日焼け止めもこまめに塗りなおしましょう。ホテルや食堂、特にJA系のスーパーでの冷房対策や、夏になると急に増える虫対策で、薄手の長袖があった方が便利です。

また「台風の通り道」と言われている徳之島では、夏場に台風が集中することも忘れずに。

おすすめの服装

  • 半袖やノースリーブ
  • 薄手の長袖(冷房や日焼け、虫対策)

秋(9月〜11月)

秋の服装

暦の上では秋になりますが、徳之島の9月、10月はまだまだ夏と同じくらい暑いです。平均気温は25〜27℃と高いので半袖で過ごせますし、天気が良い日は海水浴を楽しむこともできます。

真夏に比べて日差しは優しくなってきますが、帽子やサングラスなどの紫外線対策はまだ必要です。

11月の後半になると、山の木々も色づき始め秋らしい気候になってきます。朝晩は肌寒く感じるようになり、風も冷たくなってくるので、薄手の長袖が必要です。

おすすめの服装

  • 9月、10月は半袖でもOK(紫外線対策を忘れずに)
  • 11月になると薄手の長袖が必要

冬(12月〜2月)

冬の服装

12月の中旬くらいから、「南の島」「常夏」と言われている徳之島でも短い冬がスタートします。曇り空の日が続き、基本的な服装は薄手の長袖の上に、ジャケットやスエットを着るようになります。

1〜2月はさらに寒さが増し、日が暮れた時間帯にはコートが必要になることもあります。それでも気温は10℃を下回ることはほとんどありません

しかし、寒さに慣れていない徳之島の人たちは、15℃くらいの気温でもダウンを着て防寒している人が多いです。

マフラーやスヌード、ブーツが必要になることはほとんどありませんが、冬の海でホエールウォッチングなどをするときには、暴風・防寒対策が必要です。

おすすめの服装

  • 基本的には長袖の上にスエットでOK
  • 1月、2月はコートが必要になることも
  • マフラーやスヌード、ブーツはなくても大丈夫
平均気温は気象庁のデータ(2015〜2017年の天城の気温)から平均して出しています。