鹿児島

いつがおすすめ?旅の目的別、徳之島のベストシーズン

徳之島のベストシーズン

闘牛の島として有名な徳之島。旅行に行くなら何月がベストシーズンなのでしょうか?

今回は旅の目的別のベストシーズンをご紹介します。

南の島を楽しみたいならベストシーズンは夏!

徳之島のベストシーズン

南の島で海水浴やダイビングなどのマリンスポーツを楽しみたい場合のベストシーズンはやっぱり夏。

徳之島の梅雨が明ける6月下旬から9月頃がおすすめです。光り輝く太陽に、青い海、白い雲、映える緑と色鮮やかな花々が出迎えてくれ「これぞ南の島!」という風景が楽しめます。

あまり観光地化していない人の少ないビーチで、のんびりした時間を過ごすのも徳之島に来たからこそできることです。

特に7月、8月は自治体が運営する夏祭りや星空観察会、海のレジャーなどの他のシーズンでは体験できないイベントも開催されます。

闘牛を楽しみたいならゴールデンウィークとお正月

闘牛を楽しめるシーズン

徳之島の代表的な伝統文化の一つといえば「闘牛」です。しかし、この闘牛大会は、一年中、いつでも開催しているわけではありません。

徳之島では年に数回、大きな大会が催されますが、なかでも一番の盛り上がりを見せるのがお正月とゴールデンウィークに行われる大会です。

熱気の溢れる会場は、島内中から押し寄せた人たちで埋めつくされ、大きな牛がぶつかりあう迫力と臨場感も楽しめます。

ベストシーズンを避けた穴場時期は?

穴場の時期

「冬なら徳之島に行けるけど、冬の徳之島は楽しめるの?」と心配になりませんか?実は、冬こそがベストシーズンを避けた穴場時期です。

1月下旬には東京や大阪よりも一足早く、桜が満開になりお花見が楽しめます。海にはクジラがやってきてホエールウォッチングが楽しめます。

また1月〜2月は徳之島を代表する特産品の「たんかん」のシーズンになります。

1年で一番気温が下がる季節になりますが、10℃を下回る日はほとんどありません。心地よい日差しを楽しみながら、世界自然遺産の候補地となった土地をウォーキングするのも、冬の徳之島を味わう楽しみ方の一つです。

徳之島観光を楽しむために

飛行機のチケットがすぐに完売する春休みは気をつけよう

3月下旬から4月上旬に旅行をしようと考えている方はいませんか?

この時期の旅行は、比較的早めにスケジュールを立てておく必要があります。実は、この時期は<飛行機のチケットが一番とりにくいシーズンなんです。

徳之島の「春休み」は、中学校や高校を卒業した子どもたちが島外の高校や大学に旅立つ時期。

また学校の先生や鹿児島県の職員などの公務員の人たちの異動の時期と重なり、一年で一番、人の出入りが盛んになります。特に3月下旬のチケットはすぐに完売しますので注意が必要です。

「夏は台風シーズン」という事を知っておこう!

台風の通り道」と言われている徳之島。夏の台風シーズンになると、天候不順による飛行機や船の欠航は「よくあること」です。

最悪の場合は、島内の交通機関がすべて運休になり、数日間も徳之島に閉じ込められることもあります。

出発前には必ず台風情報や天気予報をチェックして、台風が近づいている場合は、旅行を取りやめることを選択肢の一つに入れておきましょう。

「割引」を使うなら早めに予約を!

鹿児島や奄美大島を経由して徳之島に来る場合、交通費を節約したいなら船を使えば交通費はおさえられます。ただし、それだけ時間を費やします。

飛行機は鹿児島→徳之島間は片道約3万円奄美大島→徳之島間は片道1万5千円です。この区間は「早割」の料金設定がありません

株主優待割引」や「おともdeマイル割引」の料金設定はありますが席に限りがあるため、早めに予約をする必要があります。