観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【与論島】5月&6月の与論島の天気・服装・見どころ

与論島

与論島の5月~6月は、「夏か?」と思うくらい気温が高くなってくると同時に梅雨の季節でもあります。

今回は、そんな高温多湿な5月&6月の与論島で快適に過ごせるよう、天気や服装、見どころをお伝えします。

5月&6月の気候は高温多湿

5月~6月は梅雨の時期で、ジメジメする日が多くなります。

梅雨の期間は例年ゴールデンウイーク明け頃~6月上旬頃ですが、梅雨の間ずっと降っているわけではありません。

気象庁から梅雨入りが発表されても、晴れが続いて「空梅雨?」と思ったら浸水レベルの豪雨なんてことも。

もともと天候が読みづらい島の天気ですが、この時期はさらに読めまなくなるので注意が必要です。

服装は暑さと湿気対策が必須

5~6月のベーシックスタイル

基本的に半袖サンダルの夏スタイルでOKです。帽子やサングラスなど日差しや日焼け対策も忘れないようにしましょう。

雨が続くと肌寒いこともあるので、薄手の羽織ものを用意しておくと安心。

ジメジメしているので、濡れてもすぐ乾く麻やポリエステル素材の服が快適に過ごせておすすめです。

天気予報がはずれることは多々あります。旅行日程が雨予報ばかりでも、急に晴れることもあるので、海遊びや晴れたとき用の準備を忘れずにしておいてくださいね。

5月&6月の与論島の見どころ

サザンクロスセンター

サザンクロスセンター

サザンクロスセンターは、与論の歴史・文化・自然などを学べる資料館。

最上階は展望台になっており、沖縄本島や近くの島が見えます。ほぼ360度島を見渡せ、そこから雨が降る様子を見るのも楽しいです。

与論島は小さな島ですが、雨が一部しか降っていないなんて状況がよくあります。

運が良ければ、高いところから雨の境目を見つけたり雨雲が迫ってくる様子を見たりすることができるので、自然をより近くに感じられますよ。

ゆんぬ体験館

ゆんぬ体験館

ゆんぬ体験館は、ジェルキャンドル作りや、デコフレーム作り、三線教室、郷土料理教室などさまざまな体験ができるスポット。

もの作りに没頭するも良し、気になっていた島文化に挑戦するも良し、気になるものがあったらぜひ体験しましょう。

サザンクロスセンターの隣にあるので、合わせて楽しめますよ。

銀座通り感謝祭

銀座通り感謝祭

毎年ゴールデンウイークには、飲食店を中心に多くの店が並ぶ茶花の銀座通りで銀座通り感謝祭が2日間に渡って開催されます(2020年は延期)。

お祭りのときは銀座通りが歩行者天国になって屋台が並び、ステージではライブやフラダンス、エイサーなどが披露され、毎年大賑わいです。

ぜひ島の祭りを体験してみてください。

この記事を書いた人
はこやまやすこ

与論島在住ライター。2014年に移住。与論島出身の夫と2人の子どもの4人家族。与論島の海や自然が素晴らしすぎることから写真を撮ることにハマりついに一眼レフを購入。長野県出身。

離島ガイドをフォローする

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

与論島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました