観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【与論島】鉄道のない島に駅がある?!絶景の「ヨロン駅」で旅気分をアップ!

ヨロン駅 与論島

与論島には鉄道はありません。でも、「ヨロン駅」はあるんです。なぜ鉄道のない島に駅があるのでしょうか?

今回はヨロン駅ができた理由と行き方、見どころをご紹介します。

ヨロン駅とは

ヨロン駅

ヨロン駅は正式には「天の川銀河鉄道本線ヨロン駅」です。その名前のとおり、星空観察におすすめの場所でもあります。

なぜここに駅が作られたのかというと、鹿児島市と那覇市を結ぶ70%が海という国道58号線が関係しています。

フェリーが運航していることもあり、「つながっている」とみなされているのです。

ヨロン駅

与論島は鹿児島と沖縄の県境に位置することから、1979年に「ヨロン駅」がつくられました。奄美大島や沖縄へPRするためでもあったようです。

ヨロン駅

ヨロン駅にある車輪とレールは鹿児島から贈られたもので、記念切符を発行されたこともあるそうですよ。

ヨロン駅への行き方

ヨロン駅は、与論空港と供利港(与論港)の間にあります。与論空港からは徒歩10分、供利港からは徒歩15分ほどです。

目印は「ヨロン駅入口(15)」と書かれた案内板。ここからヨロン駅に続く道は2ヶ所。

15という番号は与論島ガイドブックにある番号と連動しています(ガイドブックは与論島観光協会HPでダウンロード可)。

「18km地点」とかかれた案内板はヨロンマラソン用です。

舗装された道

奥の矢印の道は道幅が広く、舗装されているので通りやすいです。ただ、たまにトラックや清掃車が出入りするので気をつけてくださいね。

砂利道

そしてもう一つが舗装されていない砂利道。2020年4月現在、遊歩道の建設をしているので、もしかしたら今後ここも舗装されるかもしれません。

海

この道のつきあたりを左に曲がりましょう。そのまま進むと右側が開けて海が見えてきます。

もう少し進むとヨロン駅に到着です。駐車スペースもあるので、車も停められます。

港まで続く絶景遊歩道とビーチ

ビドウ遊歩道

ヨロン駅には供利港まで続くビドウ遊歩道があります。アップダウンが激しく、柵もない少々スリリングな遊歩道ですが絶景です。

のんびり景色を楽しみながら歩くのにおすすめですよ。

フバマ

ヨロン駅のすぐ下は「フバマ」という浜です(島内には「フバマ」と呼ばれている浜が複数あります)。

ヨロン駅付近は夕日がきれいに見えますので、夕方行くのもおすすめです。

ヨロン駅へ行くときの注意点

ヨロン駅は近くにトイレや自販機がありません。あまりの絶景にちょっと寄るつもりが長居…なんてこともあるかと思うので、飲み物は用意して行きましょう。

空港の近くにホームセンターのニシムタがあり、飲み物や軽食なども買え、トイレもあります。与論空港前にも公衆トイレがありますよ。

ヨロン駅はモニュメントがあるので、旅の記念撮影にぴったりの場所。空港と港にも近いので、「帰るまでに少し時間がある」なんていうときに寄るのもおすすめです。

ヨロン駅のベンチに座って海を眺めながら、思い出にひたってみてはいかがでしょうか。

スポット情報
  • アクセス:与論空港から徒歩10分、供利港から徒歩15分
  • 設備:駐車場
この記事を書いた人
はこやまやすこ

与論島在住ライター。2014年に移住。与論島出身の夫と2人の子どもの4人家族。与論島の海や自然が素晴らしすぎることから写真を撮ることにハマりついに一眼レフを購入。長野県出身。

離島ガイドをフォローする

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

与論島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました