与論島

与論島への行き方

与論島は鹿児島から直線距離で約540km、沖縄(那覇)からは約120kmの距離。

島の周囲は約24kmと、とても小さい島ではありますが、空港もあるため鹿児島や沖縄から飛行機でもアクセスできます。

与論島への行き方を詳しくご紹介します。

鹿児島から飛行機で行く

飛行機でのアクセス

鹿児島空港から与論島へは、JACが1日1便運航しています。所要時間は約1時間30分、運賃は16,000~34,800円です。

鹿児島空港経由で注意したいのが、与論行きの便が午前便のみしかなく朝早い便でないと乗り継ぎが難しくなること(2019年5月現在)。

羽田や伊丹、名古屋なら本数も多く朝早い便もありますが、それ以外の空港は午後便しかなく乗り継ぎができません。

鹿児島空港の就航路線
  • 羽田空港:JAL/ANA/ソラシドエア/スカイマーク
  • 成田空港:ジェットスター
  • 名古屋(中部)空港:ANA/ジェットスター/ソラシドエア/スカイマーク
  • 富士山静岡空港:FDA
  • 伊丹空港:JAL/ANA
  • 関西空港:Peach
  • 神戸空港:スカイマーク
  • 松山空港:JAC
  • 福岡空港:JAC

鹿児島空港の時刻表はこちら

沖縄から飛行機で行く

那覇空港から与論島へはRACが1日1便運航しています。所要時間は約45分、運賃は8,800~17,000円です。

与論島行きの便は午後発(2019年5月現在)のため、鹿児島経由よりも利用できる便は多くなります。

ただし、与論島行きの出発は13時台のため乗り継ぎ時間も考慮して、12時前には那覇空港に着いておく必要があります。

那覇空港の就航路線
  • 新千歳・仙台・新潟空港:ANA
  • 羽田空港:JAL/ANA/スカイマーク
  • 成田空港:ANA/ジェットスター/バニラエア
  • 茨城空港:スカイマーク
  • 小松空港:JTA
  • 名古屋(中部)空港:ANA/JTA/ジェットスター/ソラシドエア/スカイマーク
  • 富士山静岡空港:ANA
  • 伊丹空港:JAL/ANA
  • 関西空港:ANA/JTA/Peach/ジェットスター
  • 神戸空港:ソラシドエア/スカイマーク
  • 岩国・広島・岡山・松山・高松空港:ANA
  • 福岡空港:ANA/JAC/Peach/スカイマーク
  • 北九州・長崎・熊本空港:ANA
  • 宮崎空港:ソラシドエア

那覇空港の時刻表はこちら

奄美大島から飛行機で行く

奄美空港から与論島へはJACが1日1便運航しています。所要時間は約40分、運賃は9,700~22,000円です。

奄美経由は鹿児島経由と同じく午前便のみ。さらに各地からの直行便も少ないためあまりメジャーな方法ではありません。

奄美空港の就航路線
  • 羽田空港:JAL
  • 成田空港:バニラエア
  • 伊丹空港:JAL
  • 福岡空港:JAL

奄美空港の時刻表はこちら

鹿児島からフェリーで行く

フェリーでのアクセス

鹿児島(鹿児島新港)からは、与論島を含め奄美群島の各島を経由して沖縄に向かうフェリー(鹿児島発-沖縄着)があります。

運航会社は、マルエーフェリーとマリックスライン。台風などの悪天候を除き2社が毎日交互に運航しています。

所要時間は約19時間40分。夕方18:00に鹿児島を出港し、翌日の13:40に与論島へ到着します。運賃は等級によって異なります。

鹿児島⇔与論島の運賃
  • 特等:33,430円
  • 1等:26,740円
  • 2等寝台A:19,540円
  • 2等寝台B:15,420円
  • 2等和室:13,370円

2等和室は大部屋での雑魚寝、2等寝台Aは個室やカプセル型、2等寝台Bは2段ベッドです。

フェリーは満席にならない限り当日購入でも乗船できますが、寝台は数に限りがあるため確実に寝台を利用したい場合は事前に予約することをおすすめします。

マルエーフェリーの予約はこちら
マリックスラインの予約はこちら

鹿児島新港までのアクセス

鹿児島中央駅から

鹿児島中央駅から鹿児島新港まではタクシーで約10分です。

鹿児島新港行きのバス「ポートライナー」もあります。乗り場は東5番(アミュプラザ前)で、16:30に出発します。運賃は160円、所要時間は約25分です。

鹿児島空港から

鹿児島空港からの場合は、鹿児島中央駅までシャトルバス(1,250円/約40分)で移動し、鹿児島中央駅から路線バスやタクシーに乗り換えると便利です。

シャトルバスの時刻表はこちら

乗船受付時間は17:40です。GWや年末年始、お盆の時期は帰省客も多く混雑しやすいので、早めに手続きを済ませましょう。

沖縄からフェリーで行く

沖縄からのフェリーは、鹿児島-与論島(鹿児島発-沖縄着)の上り便になります。鹿児島から沖縄へ行く便が下り便、沖縄で引き返して鹿児島へ行く便が上り便です。

沖縄にある那覇港を7:00に出港し、与論島には11:50に到着します。所要時間は約4時間50分です。

沖縄⇔与論島の運賃
  • 特等:10,550円
  • 1等:8,440円
  • 2等寝台A:5,870円
  • 2等寝台B:5,250円
  • 2等和室:4,220円

沖縄からのフェリーで注意したいのは、出港が早いこと。沖縄経由の飛行機でアクセスしてもフェリーの出港時間には間に合いません。そのため沖縄に1泊する必要があります。

那覇港までのアクセス

那覇空港から那覇港まではとても近いです。

ゆいレールで最寄り駅「旭橋駅」まで約10分(運賃260円)、リムジンバスで那覇バスターミナル・旭橋駅まで約10分(運賃230円)です。

さらに旭橋駅・那覇バスターミナルから那覇港までは徒步15分ほど(タクシーは500~600円)。

那覇港周辺にはホテルや飲食店も充実しています。

ゆいレールの時刻表はこちら
リムジンバスの時刻表はこちら

フェリーは、那覇空港からバスで約2時間の本部港にも寄港します。バス代を入れると那覇港よりも高くなるため、ここでは省きました。

フェリーは、飛行機に比べて波の影響を受けやすく、欠航する確率が高くなります。仮に運航しても与論港は抜港(寄港せず通過すること)することも。

特に台風シーズン(7~10月)や、冬(12~2月)は海が荒れやすく、欠航や抜港することがよくあります。

なので、「できるだけ確実に与論島へ行きたい!」という場合は、飛行機を利用したほうが無難です。

あわせて読みたい
【与論島】安い時期はいつ?与論島へ安く行く方法与論島へは鹿児島や沖縄から飛行機やフェリーを利用して行くことになりますが、離島ゆえ、運賃はちょっと高め。 今回は与論島への運賃が安...