観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【与論島】茶花のすぐそば!透明度抜群の「ウドノスビーチ」は海遊びに最適

与論島

ウドノスビーチは、宿泊施設や飲食店が多い茶花エリアから近く、波がおだやかで、観光客はもちろん島の人にも人気のビーチです。

とはいえ、少し道がわかりにくいので行き方を含め、おすすめポイントを紹介していきます。

ウドノスビーチへの行き方

まずはウドノスビーチへの行き方です。お土産屋さん「サン・コーラル」が目印。ここからウドノスビーチへは徒歩3分ほど。

県道623号線からサン・コーラルの斜め向かいにある小道を入っていきます。

ギャラリー海

道なりに坂をのぼっていくと、ギリシャ風の建物「ギャラリー海」(お土産屋さん)が見えてくるので、さらにまっすぐ進みます。

小さな看板

途中に小さい看板があるので、看板に従って進みましょう。

駐車場

民家の横を抜けると、ウドノスビーチの駐車場に到着です。

小道

駐車場横に小道があるので、小道を通っていくと…

ビーチ

ビーチが見えてきます。

手軽にシュノーケリングが楽しめるビーチ

透明度の高いビーチ

ウドノスビーチの魅力はなんといっても海の透明度の高さ!

少し沖に出ると、サンゴの群生地があり、クマノミなどのカラフルな魚を見ることができます。

シュノーケリングは船でポイントまで行くケースが多いですが、ウドノスビーチは砂浜から泳いでサンゴが楽しめる場所まで行けるのです。

海に入らなくても、砂浜でゆっくりしたりビーチコーミングしたり、のんびり過ごすのもおすすめです。

西向きのビーチなので、夕日も楽しめますよ。

潮が引いているとき限定!探検気分を味わおう

岩の間の小道

ウドノスビーチには、潮が引いているとき限定で行ける場所があります。

岩の間の小道です。この岩の小道は普段は海の中にあり、潮が引いたときだけ通ることができるんです。

高い岩に囲まれた道で、天然のプールができていることもあります。

潮が引いている時間にウドノスビーチへ行かれるときは、ぜひ歩いてみてください。ただ、潮が満ちてくると戻れなくなるので、気をつけてくださいね。

トイレや駐車場がすぐ近く!テーブルもあって便利

ウドノスビーチは海からトイレや駐車場が近いので、特に子連れだと助かります。トイレ横に足洗い場があるので、さっと砂を落とせるのも便利。

駐車場横にはテーブルとイスもあります。ご飯やおやつを食べたりできるので、茶花エリアで買い物してから向かうのもおすすめ。

自販機はあるのですが壊れているので、買ってから行きましょう。

茶花市街地から近く透明度も抜群のウドノスビーチ、ぜひ訪れてみてくださいね!

ビーチ詳細
  • 設備:トイレ・駐車場・テーブル&イス
  • アクセス:サン・コーラル(お土産店)から徒歩約3分
この記事を書いた人
はこやまやすこ

与論島在住ライター。2014年に移住。与論島出身の夫と2人の子どもの4人家族。与論島の海や自然が素晴らしすぎることから写真を撮ることにハマりついに一眼レフを購入。長野県出身。

離島ガイドをフォローする

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

与論島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました