【鹿児島】加計呂麻島・請島・与路島への行き方

加計呂麻島や請島、与路島は離島の中の離島。とても小さな島なので空港はなく、奄美大島からフェリーや海上タクシーでアクセスできます。

加計呂麻島・請島・与路島への行き方をまとめました。

加計呂麻島への行き方

まずは奄美大島へアクセス

加計呂麻島・請島・与路島へ行くには、まず奄美大島に飛行機やフェリーでアクセスします。

飛行機は東京(羽田/成田)、大阪(伊丹/関西)、福岡、鹿児島、沖縄から直行便が運航。フェリーは、鹿児島(鹿児島新港)から悪天候を除き毎日運航しています。

詳しい行き方は下記の記事にまとめましたので、こちらをご参照ください。

奄美大島にはどうやって行く?奄美への行き方
奄美大島は東京から飛行機で約2時間30分(約1,250km)。羽田空港や伊丹空港をはじめ、主要都市から直行便があります。...

奄美空港や名瀬新港から古仁屋港へ

飛行機やフェリーで奄美空港や名瀬新港に到着したら、今度は加計呂麻島へ行くフェリー乗り場(古仁屋港)へ移動します。

アクセス方法は「路線バス」or「レンタカー」。レンタカー店は空港前にたくさんありますが、古仁屋で乗り捨てするなら「くろうさぎレンタカー」がおすすめです。

ちなみに、奄美空港から古仁屋までは約2時間ほど。

路線バスは奄美空港からの場合と名瀬新港からの場合があります。

奄美空港から

奄美空港と古仁屋を結ぶ直行バスはなく、名瀬市内で一度乗り換えが必要です。

空港から名瀬までは約1時間に2本の間隔で運行していますが、路線により乗り換え場所が異なるので注意が必要です。

  • 名瀬・ウエストコート行き:「しまバス本社前」で乗り換え
  • 平田町:奥又行き:「港町待合所前」で乗り換え

古仁屋では「海の駅」で下車します。所要時間は約2時間20分、運賃は空港-名瀬までが片道1,100円、名瀬-古仁屋までが片道1,550円、合計2,650円です。

お得に乗るなら路線バス乗り放題券の1日券(2,100円)の購入がおすすめ。1日券は奄美空港の1階にある総合案内所で購入できます。

しまバスの時刻表はこちら

名瀬新港から

名瀬新港からはフェリーの到着に合わせて古仁屋行きのバスが出ています。名瀬新港着が早朝5:00、バスの出発が5:30です。

  • 運賃:片道1,550円
  • 所要時間:約1時間20分

また、鹿児島(鹿児島本港北埠頭)から古仁屋港に直接寄港するフェリーもあります。古仁屋港着は9:40。

ただ、毎日運航しているわけではなく、週5日程度の運航になります。

古仁屋着フェリーの時刻表はこちら

古仁屋港から加計呂麻島へ

古仁屋港から加計呂麻島へのアクセスは、「町営フェリーかけろま」と「海上タクシー」があります。

町営フェリーかけろまで行く

町営フェリーかけろまは、加計呂麻島のほぼ中央に位置する「瀬相港(1日4便)」と、東側へ位置する「生間港(1日3便)」へ行く2つのルートがあります。

  • 運賃:片道360円
  • 所要時間:20~30分

車・バイク・自転車の積み込みも可能(有料)で、切符はバス停近くの「せとうち海の駅」で購入できます。

町営フェリーかけろまの時刻表はこちら

海上タクシーで行く

海上タクシーも町営フェリーと同じく瀬相港行きと生間港行きがあります。約1時間に1本のペースで運航していますが、満員(定員12名)になり次第出発します。

運賃:瀬相港行き/片道400円、生間港行き/片道350円

乗り場は交番の近く。町営フェリーとは乗り場が違うので利用する際はご注意ください。運賃は直接、海上タクシーの船長に支払います。

ちなみに、海上タクシーはチャーター(貸切)も可能です。古仁屋港内の事務所で申し込みできます。料金は3,500円~と少し高めです。

海上タクシーは地元の方の交通機関でもあるので、できるだけ地元の方を優先しましょう。

古仁屋から請島・与路島へ

古仁屋港から請島・与路島へは、町営フェリーの「せとなみ」が運航しています。請島には請阿室港と池地港、与路島には与路港へ到着します。

  • 運賃:請島/930円、与路/1,030円
  • 所要時間:請島/45分~60分、与路島/約1時間20分

せとなみは毎日1日1~2便運航していますが、運航ダイヤが曜日によって異なるのでご注意ください。

フェリーせとなみの時刻表はこちら

海上タクシーもあり

請島や与路島へは、海上タクシーをチャーター(貸切)して行くことも可能です。申込みは古仁屋港内の事務所でできます。

料金は少人数の場合は割高になってしまうので、ある程度人数が多い場合の利用がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました