奄美

奄美大島にはどうやって行く?奄美への行き方

奄美への行き方

奄美大島は東京から飛行機で約2時間30分(約1,250km)。羽田空港や伊丹空港をはじめ、主要都市から直行便があるのでアクセスがとても便利です。

奄美大島への行き方について詳しくご紹介します。

飛行機で行く

飛行機は、東京(羽田/成田)・大阪(伊丹/関空)・福岡・鹿児島・沖縄から直行便があります。

飛行機でのアクセス

東京から

羽田空港からJALが、成田空港からバニラエアがそれぞれ1日1便運航しています。

  • 料金:JAL/15,000円~、バニラエア/6,680円~
  • 所要時間:約2時間25分~2時間45分

大阪から

伊丹空港からJALが、関西空港からバニラエアがそれぞれ1日1便(夏休みと年末年始は1日2便)運航しています。

  • 料金:JAL/15,000円~、バニラエア/5,880円~
  • 所要時間:約1時間30分

福岡から

福岡空港からJALが1日1便運航しています。

  • 料金:13,000円~
  • 所要時間:約1時間20分

鹿児島から

鹿児島空港からJALが1日7便運航しています。

  • 料金:13,000円~
  • 所要時間:約50分

沖縄から

那覇空港からJALが1日1便運航しています。

  • 料金:15,000円~
  • 所要時間:約1時間
各運賃はシーズンや年末年始以外の先得運賃を利用した場合です。シーズン中や年末年始は先得などの割引運賃でも高い傾向にあります。

直行便がない場合

住んでいる地域から直行便がない場合は、直行便がある空港を経由する必要があります。特に鹿児島経由なら便数が多いので、乗り継ぎの待ち時間も少ないです。

鹿児島空港への就航路線

  • 名古屋(中部)発:ジェットスター、ANA
  • 神戸発:スカイマーク
  • 静岡発:FDA(フジドリームエアラインズ)
  • 松山発:JAL

また、スカイスキャナーでの検索も便利。出発地の空港と目的地(奄美空港)などを選択すれば、乗り継ぎできる空港を探すことができます。

ただし、場所によっては2回以上乗り継ぎが必要なことも。そのような場合は、直行便がある空港までバスや電車、新幹線で移動すると良いかもしれません。

あわせて読みたい
飛行機
片道2万円以下も!奄美大島へお得に安く行く5つの方法美しいビーチや手付かずの自然が残る奄美大島。東京や大阪から直行便もあるけれどとても運賃が高いのがネックですよね。 今回は奄美大島に...

フェリーで行く

奄美大島へは飛行機以外にも鹿児島と沖縄からフェリーでアクセスできます。

船会社は、「マルエーフェリー」と「マリックスライン」。台風などの悪天候以外を除き、毎日交互に運航しています。時間はかかりますが船旅を楽しみたいという方におすすめです。

フェリーでのアクセス

ちなみに、鹿児島からは鹿児島新港沖縄からは那覇新港と本部港から出港します。鹿児島からの便を下り便、沖縄で引き返して鹿児島へ行く便を上り便と言います。

客室

客室は2等(和室/洋室)、2等寝台、1等、特等があります。和室は基本雑魚寝なので、ひとり旅なら洋室や寝台がおすすめです。

  • 所要時間:鹿児島発/11時間、沖縄発/13時間
  • 運賃:2等和室/9,050円、2等寝台/13,580円
  • 出港時間:鹿児島発/18:00、沖縄発/7:00

鹿児島新港までのアクセス

鹿児島新港は鹿児島中央駅からタクシーで約10分です。鹿児島新港行きの路線バス(ポートライナー)もあります。乗り場は東5番(アミュプラザ前)で、運賃は160円、所要時間は約25分です。

路線バス時刻表の検索はこちら

鹿児島空港からの場合は、鹿児島中央駅までシャトルバス(1,250円/約40分)で移動し、路線バスやタクシーに乗り換えると便利です。

シャトルバスの時刻表はこちら

那覇新港と本部港へのアクセスはこちら