奄美

【奄美大島】路線バスの「お得なフリーパス&特典」情報まとめ

奄美大島では奄美北部から南部まで路線バスが走っているため、レンタカーがなくても意外と観光できます。

今回は、奄美大島の路線バスを利用する際に知っておきたいお得なフリーパスや、気をつけたい点をまとめました。

主要路線バスは『しまバス』

まず奄美大島の主要な路線バスは『しまバス』です。おもな路線は空港-名瀬-古仁屋、名瀬-龍郷-笠利、名瀬-住用-古仁屋、名瀬-住用-宇検、名瀬市街地となっています。

しまバス以外に、名瀬市街地と大和村を結ぶ大和村直行バス、瀬戸内町内を巡る瀬戸内海浜バスがあります。

あわせて読みたい
【奄美大島】瀬戸内海浜バスの時刻表と路線図奄美大島にはおもに島内をめぐる「しまバス」と瀬戸内町を中心にめぐる「瀬戸内海浜バス」があります。 しまバスはホームページで時刻表な...

バスが乗り放題になるフリーパスを販売

しまバスでは、バスが乗り放題になるフリーパスを販売しています。

料金は1日券(大人)2,100円、2日券3,150円、3日券4,200円で、子どもや身障者の方は1日券1,050円、2日券1,580円、3日券2,100円です。

このフリーパスを提示すれば奄美本島内の全路線、どこまで乗っても、何度乗ってもこの料金で乗ることができます。

フリーパスの販売場所
  • 奄美空港総合案内所(1階)
  • しまバス本社(名瀬/6:00~19:00)
  • 港町待合所(名瀬/10:00~18:00)
  • 瀬戸内海浜バス営業所(瀬戸内町)

また、協賛施設でフリーパスを提示すればお得な特典を受けられます。

お得な特典
  • 原ハブ屋・・・ハブと愛まショーの鑑賞が10%OFF
  • 大島紬村・・・見学・体験が500円⇒300円
  • ハブセンター・・・ショー見学が大人500円⇒400円、小人300円⇒200円
  • 半潜水船(せと)・・・10%OFF
  • マングローブパーク・・・カヌー体験が10%OFF
  • マングローブ茶屋・・・カヌー体験が10%OFF
  • アイランドサービス・・・カヌー体験が10%OFF

フリーパスは空港から古仁屋へ行くならお得

フリーパスは降車の度に運賃の支払いが不要だったり、お得な特典が受けらるというメリットがありますが、料金だけをみると必ずしもお得というわけではありません。

たとえば、空港から名瀬市街地までの運賃は大人片道1,100円です。空港から名瀬市街地までの間にも観光スポットがあるので、途中下車しながら向かう場合についてもみていくと…。

空港⇒奄美パーク…200円、奄美パーク⇒土浜(原ハブ屋など)…140円、
土浜⇒ばしゃ山…210円、土浜⇒大島紬村入口…300円、
大島紬村入口⇒屋入(鶏飯ひさ倉)…120円、
屋入⇒竜郷町役場前(りゅうがく館など)…130円、
竜郷町役場前⇒ビッグⅡ…250円、ビッグⅡ⇒ウエストコート前…540円

合計1,890円。飛行機で奄美に着いたその日にすべての観光スポットを巡るのはちょっと厳しいですが、それでもフリーパスの2,100円には届かない金額です。

逆にどのような場合にフリーパスがお得かというと、奄美空港から古仁屋へ向かう場合。空港⇒名瀬が1,100円、名瀬⇒古仁屋が1,550円で、合計2,650円。

フリーパスを使うと340円安くなります。

路線バスを使用する際の注意点

本数が少なく行きたい場所に行けないことも

奄美⇔空港を結ぶ路線は比較的本数が多い場合ですが、それ以外の地域の本数は2~3時間に1本など本数がとても少ないです。

また奄美大島の路線バスは島内隅々まで走っているというわけではありません。観光スポットによってはバス停から離れていることもあるため、行きたい場所に行けないということもあります。

路線バスで観光地を周る場合は、時刻表のチェックと合わせてバス停からどのくらい離れているのかもチェックしておきましょう。

あわせて読みたい
【奄美大島】路線バスの路線と観光スポット別下車するバス停まとめ奄美大島は意外と路線バスで観光スポットを巡ることができます。 しかし、初めてだと「どのバス停で下車すれば良いのか?」「どこで乗り換...

車内アナウンスがない

奄美大島の路線バスは基本的に車内アナウンスがありません。車内アナウンスがないと、行きたい観光スポットはどのバス停で降りれば良いのかわからない…なんてことも。

なので、バスに乗車する際に目的の観光地を運転手に伝えましょう。目的の観光スポットを伝えればその最寄りのバス停で停車してくれます。