島旅を楽しもう!

【伊豆大島】観光するならいつ?旅の目的別ベストシーズン

東京

伊豆諸島の最大の島である伊豆大島。伊豆大島へ旅行に行くなら、何月がベストシーズンなのでしょうか?

旅の目的別に伊豆大島のベストシーズンをまとめました。

海遊びを楽しむなら7~8月

伊豆大島で海水浴やシュノーケリングなど海遊びを楽しむなら、7月~8月にかけてがベストシーズン。

太平洋に囲まれた伊豆大島には、トウシキ遊泳場や、秋の浜海水浴場、弘法浜、日の出浜など透明度の高い美しい海が島内各地に点在しています。

夏はパッションフルーツも旬の時期。アイスクリーム屋「トリトン」では、パッションフルーツをたっぷり使用したアイスクリームが食べられますよ。

農産物直売所「ぶらっとハウス」やスーパーでは、旬のパッションフルーツを購入できるのでおみやげにもおすすめです。

また、8月には伊豆大島夏まつりが2日間に渡り開催されます。屋台や郷土芸能、海をバックにした迫力満点の花火など盛りだくさんです。

トレッキングメインなら春と秋

伊豆大島の人気アクティビティの三原山トレッキング(登山・ハイキング)は、夏よりも日差しが和らぐ春と秋がおすすめの時期。

春はオオシマザクラやオオシマツツジ、秋はススキが満開を迎え、三原山との絶景を楽しめます。

10月からは「伊豆大島オータムフェア」が開催され、期間中は新鮮な伊勢えびが味わえるいせえびまつりや、伊豆大島C級グルメ選手権などさまざまなイベントも行われます。

椿を愛でるなら2~3月!冬は穴場の時期

伊豆大島の名物の一つである椿は1月頃から咲きはじめ、2月下旬~3月中旬頃に見頃を迎えます。

この時期に毎年開催されるのが「椿まつり」。椿油やお土産品の販売や、椿花ガーデンライトアップ、椿の女王コンテストなど催し物がいっぱいです。

12月~2月にかけての冬の時期は伊豆大島近海で獲れるサビ(クロシビカマス)や、金目鯛、ハンバのりなど海の幸もおいしい時期。

金目鯛のしゃぶしゃぶや、サビのにぎり、ハンバのりの炊き込みご飯など、旬の時期ならでは新鮮な魚介料理を堪能できます。

また、冬は温泉も楽しみの一つ。活火山である伊豆大島には三原山温泉や御神火温泉など、温泉が豊富に湧き出ています。

泉質は湯冷めしにくい塩化物泉系が多く、寒い冬にぴったり。殺菌効果や保湿効果にも優れています。

冬の伊豆大島を訪れたら温泉と新鮮な海の幸をぜひ味わってみてくださいね。

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

東京
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました