観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【東京】羽田空港・竹芝桟橋から八丈島・青ヶ島への行き方

東京

八丈島は東京から直線距離で約290km。飛行機と旅客船のどちらの方法でもアクセスできます。

青ヶ島は八丈島のさらに南に位置し、アクセスは八丈島からのみ。定期船とヘリコプターでアクセスできます。

八丈島と青ヶ島への行き方をまとめました。

八丈島へ行く

八丈島へのアクセス方法

旅客船

旅客船は竹芝桟橋から「橘丸」が1日1便運航。22:30頃に竹芝桟橋を出港後、三宅島・御蔵島を経由し、翌朝の9:00頃に八丈島に到着します。所要時間は約11時間です。

客室は特等室、特1等和室、特1等室、1等室、特2等室、2等室、2等優先席の7タイプ。船内にはレストランやシャワールーム、キッズルームなどもあります。

運賃(大人)
  • 特等室:22,000円~30,000円
  • 特1等:19,000円~26,000円
  • 1等室:16,000円~21,000円
  • 特2等室:12,000円~16,000円
  • 2等室:8,000円~10,000円

※運賃は季節によって変動します。子供の場合は、大人の半額です。

早めの予約(利用日の14日前まで)や、インターネット予約だと通常期20%割引、 繁忙期15%割引で利用できます。

飛行機

飛行機は羽田空港からANAが1日3便運航。旅客船は時間がかかりますが、飛行機だと約50分。あっという間に到着できます。

運賃と所要時間

青ヶ島へ行く

青ヶ島へのアクセス方法

定期船

定期船は八丈島の底土港から「あおがしま丸」が週4~5便運航しています。ただし、青ヶ島港航路は、風浪・潮流の影響を受けやすく欠航率が高めです。

乗船券は2ヶ月前から電話・インターネット・旅行代理店で予約ができますが、当日受付での購入もできます。

運賃と所要時間

ヘリコプター

ヘリコプターは、東邦航空が「東京愛らんどシャトル」を八丈島空港から毎日1日1便運航しています。

定期船よりも就航率は高いですが、定員が9名と少なく、予約が埋まるのが早いです。直前の予約だとチケットを取るのが難しいので、ヘリコプターを利用するなら早めの予約をおすすめします。

運賃と所要時間

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

東京
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました