【奄美】いつがおすすめ?奄美大島のベストシーズン

奄美のシーズン 奄美

奄美大島へ旅行へ行くなら何月がベストなのでしょうか?今回は奄美大島のシーズンについてご紹介します。

シーズンは夏

奄美大島のシーズンは梅雨明け後の6月下旬から9月頃です。

シーズン

特に7~8月がトップシーズンで、この時期は一番海が輝き、海水浴やダイビングなどマリンスポーツを楽しめます。

ただ、この時期は飛行機の運賃も高めです。JALの場合、羽田⇔奄美は正規料金(JAL)で片道4~5万円、大阪⇔奄美も3~4万円はかかります。

先得などの各割引制度もありますが、シーズン中はそれでも高いと感じることが多いです。

また、夏休みとも重なって観光客や帰省客も多いため、早めに予約しないとすぐに売り切れてしまいます。

片道2万円以下も!奄美大島へお得に安く行く5つの方法
美しいビーチや手付かずの自然が残る奄美大島。東京や大阪から直行便もあるけれどとても運賃が高いのがネックですよね。 今回は奄美大島にお得に安く行く方法についてご紹介します。 LCCを活用する 奄美大島は成田空港と関西空港からバニ

シーズンを避けた穴場の時期

トップシーズンを避ける場合、穴場の時期は4月~7月初旬と10~11月

ベストシーズン

先得などを利用すれば片道2万円以下で行けることもあります。

日差しも真夏のように強くなく、風もあって涼しいので季節的にもベストなシーズンです。

天気が良くて気温が高ければこの時期でも海水浴ができ、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツなども十分楽しむことができます。

また、奄美大島にはマングローブカヌーツアーや星空観察、金作原原生林トレッキングなど海以外にも大自然を満喫できるツアーがたくさんあります。

夏以外でも思う存分奄美の自然を満喫することができますよ。

観光スケジュールは余裕をもって立てよう!

シーズンである6月下旬~9月は、台風のシーズンでもあります。年によっては1ヶ月で3~4個、多いときで5個接近したこともあります。それほどこの時期は台風がとても多いのです。

台風の勢力も本土に接近した場合と比べて大きいので、暴風や暴雨が吹き荒れます。速度も時速10km~20kmと遅く、時には停滞することもあるため長時間暴風や暴雨にさらされることもザラです。

台風が接近すると観光できない

台風が接近する前後は波も高く、海も濁ってくるため海水浴やシュノーケリング、ダイビングなどの海のレジャーはもちろんできません。

さらに風雨が強くなってくると宿から出ることができなくなり缶詰状態になってしまうこともあります。その間はどこにも観光に行くことができません。

飛行機が欠航することも

台風が接近すれば飛行機も欠航します。台風が過ぎると運航は再開されますが、観光シーズン中は観光客も多いため1日でも欠航すればキャンセル待ちや払い戻し、予約便の変更などのために人がどっと空港に押し寄せます。

運よく席を確保できれば良いのですが、2~3日欠航すればなかなか席を確保できないということもあります。

次の日が仕事なのに帰ることができなければ仕事に支障をきたしてしまうこともありますよね。そうならないために余裕を持ったスケジュールを立てることが大事です。

また、旅行に合わせて天気予報などを必ずチェックし、台風が接近しそうな場合は旅行をキャンセルすることも視野に入れましょう。

毎日雨が続くことも

奄美大島は台風だけではなく、年間を通して雨がとても多いです。観光シーズンの7~9月は1年間で晴れの日がもっとも多いですが、島の天気は変わりやすく急に雨が降ることもあります。

また、5~6月の梅雨以外を除くと季節の変わり目である9~11月も雨の多い時期で、毎日雨が続くこともしばしばです。そのほかの時期も雨や曇りの日が続くこともあります。

毎日雨が続くと海水浴もできず観光も楽しめません。3日間の観光予定が3日とも雨だったということはよくあることです。そのため雨の日でも楽しめる予定を組むことも大事

また、急な雨対策に折り畳み傘やレインコートは常に準備しておきましょう。