観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【奄美大島】訪れたらぜい食べたい!奄美大島の郷土料理&お菓子・飲み物

奄美大島は鹿児島と沖縄の中間に位置し、沖縄料理や薩摩料理の影響を受けていますが、島独特の料理もたくさんあります。

今回は奄美大島を訪れたらぜひ食べたい郷土料理や、ご当地グルメをご紹介します。

料理編

鶏飯

鶏飯

奄美大島の代表的な郷土料理。ご飯の上にほぐした鶏肉や、しいたけ、錦糸卵、ねぎ、パパイヤ漬け、のりなどの具材や薬味をのせ、地鶏のスープをかけて食べます。

油ぞうめん

油ぞうめん

ゆでたそうめんをニラや煮干しで炒めた家庭料理。ニラと煮干しを使ったものが一番シンプルですが、豚肉や、にんじん、玉ねぎなど入れる具材は家庭やお店によってさまざま。

ウァン骨(豚骨)&島ヤセ(野菜)

ウァン骨&島ヤセ

豚の骨付き肉と島野菜を炊いた煮物料理。ツワブキや大根、シマアザミ、コサンダケ(島のたけのこ)、昆布などをウァン骨と一緒に炊き合わせます。

ヤギ汁

夏バテや滋養強壮に良いほか、祝い事の際にも昔から食べられてきた料理。塩味とみそ味がありますが、においがきついため好き嫌いが分かれます。

豚みそ

画像出典:農林水産省Webサイト

奄美大島の伝統的な「なりみそ(ソテツの実を入れて作ったみそ)」に、ゆでた豚肉やざらめなどを入れて作るお茶請けみそ。豚みそ以外にも魚みそやピーナッツみそ、にがうりみそなどもあります。

豚足煮

豚足をしょうゆベースや、塩ベースで煮込んだ郷土料理。プルプルとした食感と、コラーゲンがたっぷりで女性にも人気。

エラブチ刺身

エラブチは南国感あふれる鮮やかな青色した魚。もっちりとした食感で、酢みそで食べるのが一般的です。

パパイヤ漬け

画像出典:農林水産省Webサイト

熟す前の青みのあるパパイヤの漬物。薄く切ったパパイヤをしょうゆ、みそ、ざらめ、酢などの調味料に漬け込みます。

マダ汁(イカスミ汁)

イカスミ入りのみそ汁。だし汁にイカスミとみそなどを溶かして作ります。優しい甘さとコクがやみつきになるみそ汁です。

トビンニャ

トビンニャ

トビンニャとは、チャンバラ貝(まがき貝)のこと。奄美大島北部ではトビンニャ、南部ではテラダ(ティラダ)と呼びます。シンプルな塩ゆでが美味。

お菓子&飲み物編

ミキ

画像出典:農林水産省Webサイト

米やさつまいも、砂糖を発酵させた飲み物。出来立ては甘く、日が経つにつれて発酵が進み酸っぱくなります。栄養価が高く消化も良いため、食欲低下や、夏バテの時に飲むことが多いです。

くびき茶

くびき(正式名称:ツルグミ)の木を煮出した健康茶。さっぱりしていて飲みやすく、自然治癒能力を高めてくれるほか、冷え性や高血圧、風邪予防にもよいとされています。

かしゃ餅

画像出典:農林水産省Webサイト

あく抜きしたよもぎともち粉などを混ぜ、「かしゃの葉(クマタケラン)」で包んで蒸したもち菓子。「ふちもち」「フツィムチ」とも言います。

じょうひ餅

黒砂糖にもち粉や水あめを加えて作る伝統的なお菓子。冠婚葬祭などでも出される銘菓で、黒糖ならではの甘さが広がる素朴な味わいのもち菓子です。

舟焼き

はったい粉や、黒糖、もち粉を混ぜた生地を薄く焼いてクルクル巻いたお菓子。モチモチとした食感と黒糖の甘み、香りがたまらない一品です。

島ドーナツ(黒糖ドーナツ)

沖縄県でいうサーターアンダーギー。小麦粉や卵、黒砂糖などで作った生地を油で揚げた揚菓子です。

ごまざた

ゴマと黒糖を絡め、薄く伸ばして固めたおせんべいのようなお菓子。ゴマのプチプチとした食感が病みつきになり、お茶うけにもぴったり。

がじゃ豆

ピーナッツに黒糖をコーティングした豆菓子。ピーナッツの風味と黒糖の甘さに、ついつい手が止まらなくなるおいしさです。みそをからめたみそがじゃ豆もあります。

天ぷらもち(いも天ぷら)

蒸してつぶしたさつまいもにもち粉や砂糖(黒砂糖)を混ぜ、油で揚げたおやつ。外はカリッ、中はもちもちの食感がおいしいです。

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

奄美
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました