島旅を楽しもう!

【小豆島】醤の郷への行き方と立ち寄りスポット

香川

小豆島の名産品である醤油。小豆島には醤油蔵が軒を連ねる「醤の郷(ひしおのさと)」があり、昔ながらの木桶による醤油づくりが行われています。

醤の郷への行き方と、醤の郷で立ち寄りたいスポットをまとめました。

醤の郷への行き方

醤の郷の最寄りのバス停は「馬木」「苗羽」「丸金前」「芦ノ浦」

坂手線/南廻り福田線(上り/下り)」と「田ノ浦映画村線」が各バス停に泊まります。本数は1時間に1~3本です。

土庄港方面からのアクセス
  • バス
    土庄港or平和の群像前
    坂手線/南廻り福田線(下り)・田ノ浦映画村線
  • 「馬木」「苗羽」「丸金前」「芦ノ浦」バス停
池田港方面からのアクセス
  • バス
    池田港内科クリニック(池田港前)
    坂手線/南廻り福田線(下り)・田ノ浦映画村線
  • 「馬木」「苗羽」「丸金前」「芦ノ浦」バス停
福田港方面からのアクセス
  • バス
    福田港
    坂手線/南廻り福田線(上り)
  • 徒歩
    安田
    徒歩
    • 所要時間:約10分
  • 馬木
坂手港方面からのアクセス
草壁港方面からのアクセス

大部港方面からは、北廻り福田線で土庄港や、池田港内科クリニック(池田港前)、福田港へアクセスし、坂手線/南廻り福田線(上り/下り)に乗り換えます。

醤の郷で立ち寄りたいスポット

ヤマサン醤油

小豆島で一番古い醤油屋。醤油蔵などの見学のほか、醤の郷散策ガイドも開催。お土産処や食事処を併設しており、オリジナルのソフトクリームも頂けます。

見学詳細
  • 料金:見学のみは無料(+醤の郷散策ガイドは1,000円~)
  • 見学時間:9:00~17:00
  • 所要時間:50分~2時間
  • 定休日:不定休
  • 予約:じゃらん(見学のみは予約不要)
  • アクセス:馬木バス停から徒歩5分
  • Web:http://yamasanshoyu.co.jp/

金両醤油

明治時代から使い続けた杉桶を使うなど、昔ながらの製法にこだわる醤油屋。「ちょっ蔵窓」からもろみ蔵の見学ができます。直売所では利き醤油体験も。

見学詳細
  • 料金:無料
  • 見学時間:8:30~17:30
  • 所要時間:-
  • 定休日:無休
  • アクセス:馬木バス停から徒歩5分
  • Web:https://kinryo-shoyu.co.jp/

マルキン醤油記念館

大正初期に建てられた合掌造りの工場を改装した醤油の資料館。隣接の天然醸造蔵で、木桶仕込みの醤油醸造の様子も見学できます。しょうゆソフトクリームも人気。

施設詳細
  • 入館料:大人400円、小人200円
  • 営業時間:9:00~16:00
  • 定休日:10/15、12/28~1/1(その他休館あり)
  • アクセス:丸金前バス停から徒歩すぐ
  • Web:http://moritakk.com/know_enjoy/shoyukan/

GEORGES gallery+KOHIRA cafe

瀬戸内の食材を使ったメニューが楽しめるカフェを併設した、私設ミュージアム。カフェでは季節のフルーツを使ったスムージーやタルトなどを頂けます。テイクアウトもOK。

施設詳細
  • ギャラリー入館料:500円(15歳以上)
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:月・火・水曜日(祝日の場合はOPEN)※GW 4/29~5/10は無休
  • アクセス:馬木バス停から徒歩すぐ
  • Web:https://www.georges-gallery.com/kohira-cafe/

醤油造りは冬場が見頃です。10月~5月頃まで稼働していることが多く、夏場は動いていない蔵もあるので、見学する際はご注意ください。

もろみを育てる酵母菌や乳酸菌は納豆菌に弱いと言われています。もろみ蔵の見学をする日は納豆を食べないように注意しましょう。

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

香川
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました