本州と四国から小豆島への行き方

小豆島へのアクセス 香川

小豆島は東京から直線距離で約520km。空港はないため飛行機ではアクセスはできませんが、高速船やフェリー、旅客船で渡ることができます。

本州からは5港(神戸新港・新岡山港・姫路港・日生港・宇野港)、四国からは2港(高松港・高松東港)と、アクセスできる港も多いです。

小豆島へのアクセス

小豆島への行き方を詳しくご紹介します。

新岡山港から

新岡山港は新幹線が停まるJR岡山駅からアクセスしやすいです。両備フェリーが島南西部の土庄港へ1日13便運航しています。

岡山港からのアクセス

連絡バスを利用するならかもめバスキップの利用がお得です。通常、バス490円+フェリー1,050円=1,540円ですが、かもめバスキップなら1,300円で利用できます。

お得な「岡山小豆島高松きっぷ」

新岡山港を利用するなら「岡山小豆島高松きっぷ」の利用もおすすめ。

新岡山港or岡山日生港から小豆島を経由して高松までのお得な連絡キップで、料金は往復1,610円(大人)。通常よりも100~200円ほどお得に利用できます。

行きと帰りで違うルートやフェリーを利用できるのも魅力です。

姫路港から

姫路港も新幹線が停まるJR姫路駅からアクセスしやすいです。ただし、岡山駅に比べると新幹線が停車する本数は少なくなります。

小豆島フェリーが島北東部の福田港へ1日7便運航しています。

姫路港からのアクセス

公式サイトのお得な割引チケットをプリントアウト、または窓口で画面を提示すると料金が5%OFFになります。

神戸新港から

関西方面からの場合は、神戸新港からのアクセスが便利。ジャンボフェリーが島南東部の坂手港へ1日3便(土休日は4便)運航しています。

ダイヤは、夜行便(AM1:00発)・朝便(AM6:00発)・昼便(13:30発)があり、夜行便と朝便なら早朝に小豆島に到着するので朝早くからの観光に便利です。

新神戸港からのアクセス

乗船日時によって土休日ダイヤ料金や深夜料金(+500~1,000円)がかかります。追加料金を支払うことで、指定席や個室利用も可能です。

小豆島の提携施設でジャンボフェリー乗車証(きっぷの半券)を提示すると、割引やお得な特典を受けられます。詳細はフェリー半券で特典ゲットでご確認を。

小豆島から遠い地域は神戸空港経由もおすすめ

北海道や東北、九州など四国から離れていると、新幹線を利用するのも時間がかかり大変。そこでおすすめなのが神戸空港を利用すること

新神戸港発の小豆島行きのフェリーは夜行便(土日は夜便も)があるため、仕事後に飛行機で神戸空港へ飛んで、夜行便のフェリーで小豆島へという弾丸旅行もできちゃいます。

もちろん朝早くに出発し、昼便で小豆島へ行くのもおすすめ。神戸空港から新神戸港へはアクセスも良く、時間が空いたらプチ神戸観光もできますよ。

アクセス方法は神戸空港駅からポートライナーに乗り三宮駅へ(約20分/340円)。三宮駅前からフェリーの時刻に合わせて運行する連絡バスに乗ります。

神戸空港の就航路線
  • 羽田空港
  • 新千歳空港
  • 仙台空港
  • 茨城空港
  • 松本空港
  • 出雲空港
  • 高知空港
  • 長崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

神戸空港の時刻表はこちら

高松港から

東京方面から飛行機を利用する場合や、四国から小豆島へ行く場合は高松港利用が便利。高松港からは小豆島の土庄港・池田港・草壁港の3港へフェリーや高速艇が運航しています。

高松港からのアクセス

土庄港へ

土庄港へは小豆島フェリーがフェリー1日15便、高速艇1日16便を運航。土庄港は小豆島の中心地で、宿泊施設や飲食店も多く観光の拠点に便利。早朝から夜間まで運航本数も多いです。

  • 所要時間:フェリー/約1時間、高速艇/約35分
  • 運賃:フェリー/片道700円、高速艇/1,190円(夜間は1,580円)
  • 時刻表:フェリー / 高速艇

池田港へ

池田港へは小豆島国際フェリーがフェリーを1日8便運航。池田港周辺は宿泊施設が少なめですが、エンジェルロードやオリーブ園には車で約10分、二十四の瞳の映画村や寒霞渓には約30分の距離です。

草壁港へ

草壁港へは内海フェリーがフェリーを1日5便運航。おしゃれなペンションやロッジなどが多く、オリーブ園や二十四の瞳の映画村へ行くには便利です。

高松港への行き方

高松港はJR高松駅や琴電高松築港駅から徒歩5~10分。JR高松駅は高松港まで横断歩道を2回、琴電高松築港駅は1回、それぞれ渡る必要があります。

また、高松港には乗り場がたくさんあり、小豆島行きのフェリーや高速艇はそれぞれ乗り場が異なりますので間違えないようにご注意ください。

高松空港~高松駅~小豆島を結ぶバスとフェリーのお得な往復チケットもあります。料金は往復2,600円で、通常よりも360円お得です。詳細はこちら

高松東港から

高松東港からは、ジャンボフェリー(小豆島ライン)が坂手港へ1日3便運航しています。

高松港からのアクセス

日生港から

日生(ひなせ)港は岡山県にある港。瀬戸内観光汽船のフェリーが島北部の大部(おおべ)港まで1日5便運航しています。

日生港からのアクセス
  • 電車
    JR岡山駅
    JR赤穂線
    • 所要時間:約1時間
    • 運賃:860円
  • 徒歩
    JR日生駅
    徒歩
    • 所要時間:約5分
  • フェリー
    日生港
    瀬戸内観光汽船
  • フェリー
    大部港

関西方面からJR日生駅へアクセスする場合は、JR山陽本線やJR赤穂線などを乗り継ぎます。大阪からは約2時間、運賃は2,310円です。

お得な岡山小豆島日生きっぷもあり

日生港を利用するなら「岡山小豆島日生きっぷ」の利用もおすすめです。

新岡山港~土庄港・小豆島大部港~岡山日生港航路を利用して小豆島をめぐるきっぷで、行きと帰りで違うルートやフェリーを利用したいという場合に便利。

料金は往復1,930円(大人)で、通常よりも約100円ほどお得です。

宇野港から

宇野港は岡山県にある港。豊島経由で小豆島豊島フェリーと旅客船が土庄港へそれぞれ1日3便運航しています。

宇野港からのアクセス
  • 電車
    JR岡山駅
    JR瀬戸大橋線
    • 所要時間:約1時間
    • 運賃:590円
  • 徒歩
    JR日生駅
    徒歩
    • 所要時間:約5分
  • フェリー
    宇野港
    瀬戸内観光汽船
  • フェリー
    土庄港

宇野港へは岡山駅(東口)から路線バス(玉野渋川特急線/渋川・マリンホテル行)も運行しています。所要時間は約1時間、運賃は660円です。

タイトルとURLをコピーしました