観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

鹿児島から三島村(硫黄島・黒島・竹島)への行き方

硫黄島・黒島・竹島の3つの有人島からなる三島村。

三島村には鹿児島からの村営定期船「フェリーみしま」のほか、硫黄島には飛行機(セスナ機)でも行くことできます。

三島村への行き方を詳しくまとめました。

フェリーで三島村へ行く

三島村行きのフェリーは、鹿児島本港南埠頭から竹島→硫黄島→黒島を経由する「フェリーみしま」が週4便運航しています。

注意したいのが毎月運航日が変わるということ。決まった曜日に出港するわけではないので、運航スケジュールは要チェックです。

鹿児島本港-三島
  • フェリー
    鹿児島本港南埠頭(9:30発)
  • 竹島(12:30着)
    鹿児島本港-竹島
    • 所要時間:約3時間
    • 運賃:大人3,660円~、小人1,830円~
  • 硫黄島(13:25着)
    鹿児島本港-硫黄島
    • 所要時間:約4時間30分
    • 運賃:大人3,660円~、小人1,830円~
  • 黒島(14:50着)
    鹿児島本港-黒島(大里/片泊)
    • 所要時間:約5時間20分~
    • 運賃:大人3,660円~、小人1,830円~

客室は1等と2等があります。1等は和室・洋室・寝室、2等はカーペットの広いスペースとイス席です。

船内にはキッズルームや、ジュース・カップラーメンなどの自動販売機、ラウンジなどがあります。

レストランや、お弁当などの販売はないので、乗船前にコンビニや港の販売車での購入がおすすめです。

乗船券の販売は当日のみです。出港当日の7:00~9:20までに「みしま待合所窓口」で購入できます。

フェリーは鹿児島に一泊が必要

フェリーみしまの出港は9:30です。そのため、空港などから直行してもフェリーの時間に間に合わず乗れません。なので、鹿児島に一泊する必要があります。

その場合は、鹿児島中央駅で下車すると便利。中央駅周辺には格安ホテルなども多く、フェリー乗り場へのアクセスも良いです。

飛行機で硫黄島へ行く

飛行機は、鹿児島空港から毎週月・水曜日に1日1便運航しています。

小型のセスナ機なので定員は3名。運航日前日の正午に片道もしくは往復合わせて予約が確定した場合のみ運航しています。

鹿児島空港-硫黄島

飛行機も鹿児島に1泊が必要

飛行機は9:40に鹿児島空港を出発します。そのため、早朝便を除きその日のうちに硫黄島へ行くことはできません(早朝便でも乗継時間はギリギリ)。

なので、鹿児島での1泊が必要です。ちなみに、鹿児島空港は霧島市にあります。鹿児島市(鹿児島中央駅)からだとバスで約40分。霧島温泉も同じくバスで40分、国分駅ならバスで約20分です。

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

鹿児島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました