島旅を楽しもう!

【伊豆大島】路線バスで行ける観光スポット14選

東京

伊豆大島はレンタカーでの移動が便利ですが、免許を持っていないと車での観光は難しいですよね。免許を持っていても不慣れ道を運転するのは怖い!という場合も。

車がなくても巡ることができる伊豆大島の観光スポットをまとめました。

泉津の切通し

苔むした両サイドの壁に巨木の太い根が張る階段。ジブリ映画「天空の城ラピュタ」や「千と千尋の神隠し」に出てくるようだとして、SNSやテレビでも話題になったパワースポットです。

スポット詳細
  • 最寄りのバス停:泉津椿orトンネル(徒歩約5分)

椿トンネル

全長100mほどの椿でできた自然のトンネル。開花時期の1~3月頃が見頃で、泉津の切通しと合わせての散策におすすめのスポットです。

スポット詳細

三原山・山頂口展望台

富士山と伊豆半島の山々を見渡せる展望台。山頂口展望台から山頂遊歩道を使えば、噴火口まで約45分~1時間ほどで到着できます。途中には三原神社や、ゴジラ岩も。

スポット詳細

大島町郷土資料館

伊豆大島の成り立ちや歴史、民俗が学べる資料館。館内には石器や民具、縄文時代の土器など、約300点の貴重な展示物があります。資料館の近くには昔の暮らしを再現した古民家も。

施設詳細

大島ふるさと体験館

椿油絞り体験や、椿・明日葉での草木染め体験、郷土芸能体験、椿の花焼き(陶芸)体験など、伊豆大島ならではの体験ができるスポット。

施設詳細

大島公園

総面積327haの都立公園。広い園内には亜熱帯植物や自生植物を中心とした植物園や、国内最大規模の椿園のほか、動物園やキャンプ場、遊歩道があります。

施設詳細

伊豆大島火山博物館

日本や世界の火山について学べる火山専門の博物館。貴重な展示品や、火山地底探検が体験ができるシミュレータカプセルなどもあります。

施設詳細

地層大切断面

大噴火によって降り積もった堆積物が幾重にも重なった、高さ約30m・長さ約600mの美しい地層断面。展望台があり伊豆諸島の島々も見渡せます。

スポット詳細

貝の博物館 ぱれ・らめーる

全国でも珍しい貝のみの博物館。伊豆・小笠原諸島の貝はもちろん、日本国内外の美しい貝を4,000種、50,000点も展示しています。

施設詳細
  • 入館料:大人400円、小人200円
  • 開館時間:9:00~17:00
  • 休館日:毎週水曜日
  • 最寄りのバス停:ぱれ・ら・めーる前(徒歩すぐ)
  • Web:https://www.town.oshima.tokyo.jp/~palais/

波浮港見晴台

大島南部の景勝地である波浮港(はぶみなと)が一望できる展望台。波浮港見晴台前にはお土産や軽食が味わえる「みはらし休憩所」もあります。

スポット詳細

踊り子の里資料館

明治期に建築された旅館を当時のまま保存・公開している資料館。とても貴重な3階建ての木造建築で、建物内には当時の様子を伝える写真や文章など各資料を展示しています。

施設詳細
  • 入館料:無料
  • 開館時間:9:00~16:00
  • 休館日:無休
  • 最寄りのバス停:波浮港(徒歩2分)

旧甚の丸邸

明治期に建築された総海鼠(なまこ)壁造りの豪勢な屋敷。1階が生活スペース、2階が蚕の飼育スペースとなっていて、当時の住居の様子を知ることができます。

施設詳細
  • 入館料:無料
  • 開館時間:9:00~16:00
  • 休館日:無休
  • 最寄りのバス停:上の山(徒歩7分)

椿花ガーデン

100種類以上の椿や、季節の花々が楽しめるスポット。自然林に囲まれた広い敷地内にはうさぎが放し飼いされており、エサやり体験もできます。

施設詳細
  • 入園料:大人830円、小人400円
  • 開園時間:9:00~15:00(シーズン中は16:00)
  • 休園日:椿祭り期間中は無休
  • 最寄りのバス停:椿・花ガーデン(徒歩すぐ)
  • Web:http://tsubakihana-g.com/

裏砂漠

日本唯一の砂漠。三原山噴火で噴出した石でできた砂漠で、一面に黒い世界が広がります。パノラマの絶景が楽しめ、映画・ドラマ・プロモなどのロケ地としても有名です。

スポット詳細

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

東京
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました