【沖縄】宮古島への行き方

宮古島へのアクセス方法

宮古島へのアクセスは飛行機のみ。那覇だけではなく、羽田や関西空港からも直行便があるのでアクセスがとても便利です。宮古島への行き方を詳しくご紹介します。

直行便で行く

宮古島への直行便

宮古島へは羽田(JAL)、関西(ANA)からそれぞれ1日1便ずつ直行便があります(2015年現在)。羽田からは約3時間、関西空港からは約2時間10分です。

乗り換えなしの直行便のため便利ではありますが、普通運賃は往復10万円以上ととても高いです。安く行くなら早めに予定を立ててJALの先得やANAの旅割などを利用することをおすすめします。

那覇空港経由で行く

那覇からのアクセス

那覇空港は東京・大阪・名古屋など主要都市をはじめ全国各地からの直行便も多く、格安航空会社(LCC)も就航しています。そのため、那覇空港まではLCCなどを上手く活用すれば直行便よりも安く行くことができます。

那覇空港から宮古島まではANAとJALが合わせて1日13便運航しているので、乗り換えもスムーズです。万が一、乗り遅れてしまっても満席ではない限り、次の便に乗ることもできます。

運賃は片道12,000円前後(普通)、先得や旅割などを利用すれば7,000円前後で、所要時間は約50分です。

石垣島経由で行く

石垣島からのアクセス

那覇だけではなく石垣島経由便もあります。宮古島だけではなく、石垣島も観光したい方は石垣島経由もおすすめ。まずは石垣島を観光して、その後宮古島の観光を楽しむことができます。

石垣島から宮古島まではJALとANA合わせて1日3便運航しています。運賃は片道13,000円前後(普通)、先得や旅割を利用すれば6,000円前後で、所要時間は約30分です。

宮古島発着の時刻表はこちら

※関連記事:石垣島への行き方

フェリー+飛行機で行く

フェリーと飛行機で行く

数年前までは那覇と石垣島から宮古島行きのフェリーが運航していましたが、現在は運航していません。しかし、神戸・大阪・鹿児島・奄美から那覇まではフェリーが運航しています。

そのため時間はかかりますが、大阪や鹿児島方面からはフェリーを利用して宮古島へは飛行機を利用するという方法もあります。

航路

大阪/神戸~那覇を結ぶ阪神航路(那覇新港着)と、鹿児島~那覇(那覇港・本部港着)を結ぶ鹿児島航路があります。

鹿児島航路はマルエーフェリーとマリックスラインが毎日交互に運航していますが、阪神航路はマルエーフェリーは月6~7便(週1~2便)のみとなっています。

運賃と所要時間は、阪神航路が2等寝台で片道約22,000円/約35時間~36時間30分、鹿児島航路が2等寝台で片道約13,500円/約25時間です。

注意点

ただ、注意したいのが那覇への到着時間。阪神航路は朝の8:30に着くため、飛行機の時間には問題ありませんが、鹿児島航路は夜の19:00着です。そのため飛行機の時間には間に合わず那覇に1泊する必要があります。

マルエーフェリーのホームページ
マリックスラインのホームページ

ちなみに、那覇港・那覇新港から那覇空港まではバス乗り換えが必要になるためタクシー(10~15分/1,200~1,500円)が便利です。

スポンサードリンク
 

関連記事

return top