【奄美】お酒好きならココ!黒糖焼酎の工場見学&試飲ができるスポット10選

西平本家

奄美大島のお酒といえば黒糖が原料になった黒糖焼酎。黒糖焼酎は焼酎独特のアルコールくささがなく、ほんのりと甘い香りがして女性でも飲みやすいと人気があります。

そこでお酒好きにおすすめの黒糖焼酎の工場見学&試飲ができるスポットをご紹介します。

奄美大島開運酒造

代表銘柄は『れんと』。奄美南部の宇検村にあり、パッションのリキュールやもろみ酢なども製造しています。黒糖焼酎の製造工程のほか、黒糖工場(1月中旬~3月初旬のみ)の見学、試飲ができます。

奄美大島開運酒造

  • 住所:鹿児島県大島郡宇検村湯湾2924-2
  • お問い合わせ、申込:TEL:0997-67-2753(ホームページから申込OK!)
  • 見学可能時間帯:8:00~17:00
  • 定休日:元旦(不定休あり。詳細はお問い合わせを)
  • ホームページ:https://lento.co.jp/brewing/brewing1.html
  • 最寄りのバス停:湯湾(名瀬からは道の島交通本社前(古仁屋行き)に乗車し、新村で乗り換えます)地図で場所を確認する

奄美大島酒造

代表銘柄は『浜千鳥乃詩』『高倉』。龍郷町にあり、空港のある笠利町や名瀬からも行きやすいです。たんかんやすもものリキュールなども製造しています。試飲コーナーやお土産、レストランなどもあります。大きな焼酎瓶3本が目印。

奄美大島酒造

  • 住所:鹿児島県大島郡龍郷町浦1864-2
  • お問い合わせ:TEL:0997-52-8441
  • 見学可能時間帯:8:30~17:00(受付は16:00まで)※日曜・祝日は予約制
  • ホームページ:http://www.jougo.co.jp/index.html
  • 最寄りのバス停:愛寿園前、徒歩4分(空港からは名瀬方面行き、名瀬からは笠利方面行き乗車)
    地図で場所を確認する

町田酒造株式会社

代表銘柄は『里の曙』。とても大きな酒造メーカーで大型設備を導入した近代的な製造工程を見学できます。黒糖焼酎のほか、すもも酒なども製造しています。

  • 住所:鹿児島県大島郡龍郷町大勝3321
  • お問い合わせ:TEL:0120-099762
  • 見学可能時間帯:10:00~16:00(土日曜・祝祭日除く)※要予約
  • ホームページ:http://www.satoake.jp/
  • 最寄りのバス停:戸口入口、徒歩6分(空港からは名瀬方面行き、名瀬からは笠利方面行き乗車)
    地図で場所を確認する

弥生焼酎醸造所

代表銘柄は『弥生』『まんこい』。老舗の蔵で黒糖焼酎の製造から瓶詰めまでの作業工程を見学できます。もちろん試飲も可能。

弥生焼酎醸造所

西平本家

代表銘柄は『八千代』。手作りにこだわった伝統製法の黒糖焼酎の製造工程を見学できます。

西平本家

天海の蔵

代表銘柄は『天海』。昔ながらの手作業の製造工程を見学できます。大島海峡のほとりに建ち昭和の面影が残る蔵です。

天海の蔵

  • 住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町手安754-1
  • お問い合わせ:TEL:0997-72-0045
  • 見学可能時間帯:9:00~17:00(日曜日定休)※要予約
  • 行き方:名瀬からは道の島交通本社前(古仁屋行き)に乗車し、海の駅で瀬戸内海浜バスに乗り換えます。
    地図で場所を確認する

山田酒造

代表銘柄は『あまみ長雲』。サトウキビを自社栽培し、米は島内産のものを使うなど100%地場産の黒糖焼酎作りにも取り組んでいる昔ながらの蔵です。

富田酒造

代表銘柄は『竜宮』。昔ながらの甕(かめ)仕込みで黒糖焼酎を作っている蔵です。とても小さな蔵でこだわりの製造工程を見学できます

西平酒造

代表銘柄は『珊瑚』。昔ながらの伝統の三段仕込み法で製造している老舗の蔵。昔ながらの伝統的な製造工程を見学できます。

大島食糧酒造所

代表銘柄は『緋寒桜』『あまみ六調』。はじめさまざまな銘柄の焼酎を製造しています。試飲もできます。

大島食糧酒造所

  • 住所:奄美市名瀬小浜町25-2
  • お問い合わせ:TEL:0997-52-0631
  • 見学可能時間帯:9:00~17:00(月~金曜<祝日を除く>)※要予約
  • ホームページ:http://www.osk-amami.net/
  • 最寄りのバス停:プラザ大島店前
    地図で場所を確認する
スポンサードリンク
 

関連記事

return top