観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【角島】島内観光の移動手段4つ

角島は周囲約17km、面積4km²の小さな島。

徒歩でも観光できますが、島の端から端までは歩いて約50分はかかるため徒歩以外の移動手段もあった方が便利です。

角島での移動手段をまとめました。

レンタサイクル

コンパクトな角島を観光するのに一番おすすめなのがレンタサイクル。特にハイシーズン中は車も多く駐車場がごった返すことも。小回りの利く自転車なら移動がスムーズにできます。

また、島の西部と東部にはそれぞれサイクリングコースがあり見どころがいっぱい。角島の美しい景色を眺めながらのんびりとサイクリングを楽しめます。

島内では「しおかぜの里 角島」で自転車をレンタル可能です。

料金
(2時間まで)
超過時間
(1時間毎)
電動アシスト自転車410円210円
シティサイクル210円100円
子供用自転車100円50円
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 営業期間:3月~11月(12月~2月は長期休館)
  • 定休日:水曜日

トゥクトゥク

トゥクトゥクとは東南アジアなどでよく見られる三輪タクシー。角島にあるレストラン「グランビスタ角島」ではこのトゥクトゥクをレンタルできます。

普通免許で乗ることができ、運転は簡単。角島の心地よい風を感じながらトゥクトゥクドライブを楽しめます。

料金ガソリン代
1時間4,180円500円
2時間7,480円1,000円
3時間10,780円1,500円

併設の宿に宿泊するとレンタル料金が半額になるほか、「#角島トゥクトゥク」でSNSへ投稿すると、レンタル料金が500円OFFになります。

レンタカー

角島といえばSNSや、テレビCM、ドラマのロケ地としても有名な「角島大橋」。本土でレンタカーを借りて角島大橋をドライブ、そのまま角島観光もおすすめです。

橋の通行料は無料。夜はライトアップされ、昼間とはまた違った幻想的なドライブを楽しめますよ。

路線バス

路線バスは、島東部の「瀬先公園」から島西部の「尾山憩いの家」まで、ブルーライン交通の「滝部・角島線」が運行しています。

滝部・角島線は「滝部駅」や「特牛駅」発なので、本土からのアクセスにも便利。ただし、本数は多くないので利用する際は観光プランを立てておくことをおすすめします。

  • 運賃:160円~790円(角島島内)
  • 本数:1日9便

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

山口
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました