島旅を楽しもう!

【東京都】小笠原諸島の父島・母島への行き方

東京

父島は東京から直線距離で約1,000km、母島は父島からさらに約50kmの距離。

アクセス方法は定期船のみで、父島・母島のどちらも空港はないため飛行機ではアクセスできません。

父島・母島、それぞれの島への行き方をまとめました。

父島へ行く

父島へは、東京港竹芝客船ターミナル(竹芝桟橋)から「おがさわら丸」が運航。毎日運航しているのではなく、週1程度の運航です。

11:00に東京を出港し、翌日の11:00に父島へ到着。そのまま父島へ3泊停泊し、東京出発から5日目の15:00に父島を出港。翌日の15:00に東京に到着します。

東京発父島着父島発東京着
1日目11:00
2日目11:00
3日目父島泊
4日目父島泊
5日目15:00
6日目15:00
おがさわら丸の運航例

GWや夏休み期間中は父島に停泊せず、そのまま東京へ折り返します(父島11:00着・15:30発)。

座席と運賃

座席は特等席~2等席まで6タイプがあります。

2等和室はカーペット敷きの広間で雑魚寝(レディースルーム・ファミリールームあり)。2等寝台からベッドです。

船内には展望ラウンジやレストラン、貴重品ロッカー、キッズルームなどもあります。

大人学生子供
2等和室25,770円20,620円12,890円
2等寝台29,360円23,490円14,680円
特2等寝台38,970円31,180円19,490円
1等室53,960円46,170円26,980円
特1等室69,580円61,790円34,790円
特等室76,790円69,000円38,400円
2021年12月の運賃

運賃は燃料油価格変動調整金を含みます。月ごとに変動する場合があるので、最新の運賃は公式サイトをご確認ください。

おがさわら丸の予約について

おがさわら丸は予約不要で乗船できますが予約した方が安心。その理由は…

  • GWや夏休み、年末年始などは満席(特に寝台など)の場合もある
  • 宿やアクティビティの予約の際におがさわら丸の予約の有無を聞かれる

です。

乗船券は通常期は乗船日の2ヶ月前から、シーズン中は予約開始の特定日を設けて予約を受け付けています。電話のほか、インターネット予約も可能です。

お得な「おがまるパック」もあり

おがまるパックとは、乗船券と宿がまとめて予約できるお得なパック。別々に予約するよりも料金が安く、現地で利用できるクーポンももらえます。

船室は2等寝台のみ、宿は21宿泊施設から自由に選べます。おがまるパックの詳細はこちら

母島へ行く

母島へは、父島から「ははじま丸」が週4~5便運航しています。

ははじま丸は予約不要で乗船できます。乗船券は父島の「ははじま丸船客待合所」で購入可能です。

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

東京
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました