観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【八丈島】観光には何が便利?島内の移動手段4つ

八丈島を観光する際にまず必要なのが移動手段。電車は走っていないため、それ以外の方法を利用することになります。

八丈島 にある移動手段をまとめました。

路線バス

路線バスは「八丈町営バス」が運行。島中心部の神湊(かみなと)と南部の末吉地区を結ぶ路線を中心に、6路線あります。

ただし、本数が1日数本と少なめ。路線バスだけで観光するのは難しく、路線バス+徒歩での観光がおすすめです。

八丈町営バスでは、路線バスで巡る乗務員提案のおすすめプランもあるので要チェック。事前に時刻表をチェックして、観光プランを立てておくと八丈島についてからの観光がスムーズです。

また、全路線が2日間乗り放題になるお得な乗車券「BU・S・PA(バスパ)」もあります。

レンタカー

免許を持っているならレンタカーでの移動が断然便利。時間に縛られずに自由に観光できます。

軽自動車や普通車、ワゴン車など、人数に合わせて選べるだけでなく、雨にもぬれずに観光できるのもメリット。

台数には限りがあるので、観光客が多いシーズン中は早めの予約がおすすめです。

タクシー

空港や港では、飛行機や船の到着時間に合わせてタクシーが待機しています。

ただし、町中を走る流しのタクシーはありません。空港や港以外でタクシーを利用する場合は電話をかけて呼ぶ必要があります

また、小グループの旅行なら地元の道を知り尽くしたベテランドライバーによる観光タクシーもおすすめ。

コースは時間や予算、希望に合わせてオリジナルコースを組むことができます。人数が多いほど一人あたりの料金がお得です。

八丈島のタクシー会社
  • 愛光観光:04996-2-0392
  • 富士タクシー:04996-2-0416
  • 赤松交通:04996-2-0311/0120-888-097
  • 末吉タクシー:04996-8-0311
  • 樫立タクシー:04996-7-0216
  • 菊池タクシー:04996-7-0645
  • 喜田タクシー:04996-2-4606
  • 共立ハイヤー:04996-2-3131
  • 石田タクシー:04996-2-1436

レンタサイクル・レンタバイク

海風を感じながらのんびりと旅するなら自転車や、バイクで観光スポットをめぐるのもおすすめです。

ただ、八丈島は坂が多くシティサイクル(ママチャリ)での観光は厳しいことも。マウンテンバイクや、電動アシスト付き自転車などを選ぶと坂道もラクに漕ぐことができます。

モービルレンタカー

港、空港、宿へ送迎サービスあり(一部地区は送迎不可)。自転車と原付バイク(50cc)を借りられます。

自転車原付
3時間 1,100円~2,750円~
6時間 1,650円~3,300円~
8時間 1,980円~3,630円~
24時間2,200円~3,850円~

HJPレンタカー

電動アシスト付自転車「島チャリ」をレンタル可。わかりやすい表示で電動アシスト付自転車が初めてでも安心です。

電動アシスト自転車
3時間 1,500円~
5時間 2,000円~
8時間2,500円~
24時間3,000円~

赤松自動車工場

無料送迎サービスあり(レンタサイクルの場合は有料)。シティサイクル、マウンテンバイク、電動アシスト付自転車、原付バイクを借りられます。

3時間5時間8時間24時間超過1時間
シティサイクル1,000円~1,400円~1,800円~2,100円~500円~
マウンテンバイク1,000円~1,400円~1,800円~2,100円~500円~
電動アシスト1,500円~1,900円~2,300円~3,000円~700円~
原付2,500円~3,000円~3,500円~4,000円~1,200円~

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

東京
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました