観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【小豆島】寒霞渓への行き方とロープウェイの運賃&見頃の時期

香川

寒霞渓(かんかけい)は日本三大渓谷美のひとつで、瀬戸内海国立公園を代表する景勝地。ロープウェイから山桜や、新緑、紅葉、雪景色など、四季折々の渓谷美を望めます。

寒霞渓への行き方や、ロープウェイの運賃、山桜・新緑・紅葉の見頃の時期などをまとめました。

寒霞渓への行き方

寒霞渓の最寄りのバス停は「紅雲亭」。寒霞渓ロープウェイの「紅雲亭駅」まで草壁港から路線バス(神懸線)が運行しています。

本数は1日6本。季節運行で、3/16~5/10、7/20〜8/31、10/20〜12/10は毎日、5/11〜7/19、9/1〜10/19は土日祝日のみ運行しています。12/11〜3/15は運休です。

土庄港・池田港・草壁港方面からのアクセス
福田港・坂手港港方面からのアクセス

寒霞渓ロープウェイの運賃と所要時間

寒霞渓ロープウェイは、紅雲亭駅と山頂駅を約5分で結びます。

運賃は大人1,050円(往復1,890円)、小人530円(往復930円)。アソビューで事前予約すると10%OFFで購入できてお得です。

また、じゃらんからの予約だとロープウェイ往復乗車券+絶景サイダーorフロートが付いてきます。

営業時間は時期によって異なり、毎時12分間隔(混雑時は毎時6分)での運行です。

期間営業時間始発最終便
3/21~10/208:30~17:008:3617:00
10/21~11/308:00~17:008:0017:00
12/01~12/208:30~17:008:3617:00
12/21~03/208:30~16:308:3616:30

山桜・新緑・紅葉の見頃の時期

山桜は例年4月中旬~下旬、新緑は4月下旬~5月上旬、紅葉は11月上旬~11月下旬が見頃です。

ロープウェイは40名まで乗車でき、車窓から奇岩の渓谷と四季折々の絶景を楽しめます。

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

香川
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました