観光する際は感染防止のためにマスク着用をしっかりと!

【神津島】観光には何が便利?島内の移動手段4つ

神津島を観光する際にまず必要なのが移動手段。電車は走っていないため、それ以外の方法を利用することになります。

神津島観光の移動手段をまとめました。

島内バス

神津島では村営バスが「西海岸ルート」「内回りルート」「外回りルート」を運行。空港や神津港のほか、赤崎遊歩道などの観光スポットにも停まります。

本数はルートによって1日2本~6本と少ないですが、観光シーズン中は本数も増便。天上山6合目直行臨時便や、夜間温泉巡回バスなども運行しています。

料金は1乗車大人200円、小人(小学生)100円です。

レンタカー

神津島の見どころは島内各地に点在。免許を持っているならレンタカーでの移動が断然便利です。

車があればバスではいけない観光スポットにも行くことができ、時間に縛られずに自由に観光できます。

ただし、神津島のレンタカー店は少なめ。シーズン中はたくさんの観光客が訪れるので早めの予約がおすすめです。

あーすレンタカー

リトリート&ゲストハウス「まざ~ずあーす」提携のレンタカー店。宿泊者優先で、宿泊者以外は当日空いていれば借りられます。

軽自動車乗用車1BOX
5時間5,400円6,480円8,640円
9時間7,560円9,720円12,960円
24時間10,800円12,960円17,280円
以後1日10,800円12,960円17,280円
延長1時間2,700円3,240円4,320円

アイラナレンタカー

軽自動車並みにコンパクトなサイズと愛らしいデザインで人気の「MINI」をレンタル可。乗車定員は2名。カップルやご夫婦のドライブ旅におすすめです。

MINI
1日10,000円~

タクシー

神津島のタクシー会社は2社。流しのタクシーはなく、利用には事前の予約が必要です。

小グループでの旅行なら観光タクシーとしての利用もおすすめ。地元の道を知り尽くしたベテランドライバーがガイドも務めながら新島を案内してくれます。

料金の目安は45分5,000円~、1時間30分9,000円~です。

神津島のタクシー会社

レンタサイクル・レンタバイク

ひとり旅ならレンタサイクルや、レンタバイクでのんびりと旅するのもおすすめです。

特に島の北側にある前浜海岸~赤崎遊歩道は自転車で楽しめるように整備され、波の音を聴きながらのサイクリングに最適。

逆に島の南部は坂道が多いので、原付バイクの利用がおすすめ。

ちなみに、神津島で自転車や原付バイクをレンタルできるお店は2店舗。どちらも予約はできず早い者勝ち。台数にも限りがあるため、神津島に到着したら早めに来店しましょう。

神津島オートサービス

宿泊先への送迎サービスあり。マウンテンバイクやシティサイクル(ママチャリ)、原付バイク(1人乗り/2人乗り)を借りられます。

2時間3時間4時間1日
シティサイクル1,000円1,300円1,600円2,000円
マウンテンバイク1,200円1,500円1,800円2,200円
原付(1人乗り)2,300円3,300円4,300円8,300円
原付(2人乗り)3,900円4,900円5,900円7,400円

レンタバイク・スズキ

神津港から徒歩約10分、夏季のみ営業しているレンタルショップ。シティサイクル(ママチャリ)や原付バイクを借りられます。

1時間2時間3時間1日
シティサイクル500円~1,000円~2,000円~3,000円~
原付1,300円~2,300円~3,300円~4,800円~

※観光スポットの情報や、サービスの価格・詳細・消費税などの詳細は時として変わる場合もございます。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

東京
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました