島旅を楽しもう!

【喜界島】観光するならいつ?旅の目的別ベストシーズン

鹿児島

隆起サンゴ礁の島である喜界島。旅行に行くなら何月がベストシーズンなのでしょうか?

旅の目的別にベストシーズンをまとめました。

南の島を楽しむならベストシーズンは夏

海水浴やシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむならベストシーズンはやっぱり夏。

喜界島の梅雨が明ける6月下旬から9月頃がおすすめです。光り輝く太陽に、青い海、どこまでも続くさとうきび畑と色鮮やかな花々が出迎えてくれ「これぞ南の島!」という風景が楽しめます。

夏はトロピカルマンゴーも旬の時期。喜界島の特産品である白ごまも収穫時期を迎え、喜界島ならではのセサミストリートがみられます。

旧暦6月(新歴7月)には神社で行われる祭事「六月灯」、8月には夏まつりも開催。舟こぎ競漕や、八月踊り、演芸ショー、花火大会など催し物が盛りだくさんです。

冬はホエールウォッチングが楽しめる!

ホエールウォッチング

喜界島近海には毎年冬(12~3月頃)になると繁殖・子育てのためにザトウクジラがやってくるため、ホエールウォッチングが楽しめます。

陸地から観察可能で、特によく見られるのがスギラビーチや、荒木・中里遊歩道、荒木ウリバマ、手久津久公園。

ブロウ(潮吹き)やブリーチング(ジャンプ)する様子が見られます。

また、1月下旬に本土よりも一足早く桜が満開に。2月にはたんかんが旬を迎えます。車えびや、さとうきびの収穫時期も冬が最盛期。

冬でも10℃を下回る日はほとんどなく、ベストシーズンを避けた穴場時期と言えます。

※観光スポットや店舗のサービス価格・営業時間・定休日などの詳細は時として変わる場合もあります。最新の情報は公式サイトや、リンク先サイトをご確認ください。

鹿児島
スポンサーリンク
離島ガイドをフォローする
離島ガイド
タイトルとURLをコピーしました