離島を観光する際は感染防止のために「新しい旅のエチケット」を守りましょう

【徳之島】歴史や文化を学べる資料館

徳之島

徳之島には歴史や文化を知ることができる場所や遺跡が島内各地にありますが、それをギュッと凝縮して学べるのが、資料館です。

徳之島について学んでから徳之島観光をすると、知識が増えた分観光の楽しさが倍増します。

徳之島の3町にある歴史や文化を学べる資料館をまとめました。

天城町立ユイの館

ユイの館

平土野港から徒歩10分ほどの場所にある資料館。「ユイ」とは徳之島では「共同」を意味し、助け合いながら共に暮らしていくという島民の精神を現した言葉。

石器時代から現代までの天城町の歴史をまとめたコーナーや、天城町の昔のくらしを紹介するコーナーなど、貴重な資料や展示品が盛りだくさん。

サバニ

なかでも目を引くのが建物の前にある実物の「サバニ」という名前の漁船。

ほかにも犬田布岬で見つかったH2Aロケット「かぐや」の破片や、昭和に活躍した懐かしい公衆電話まで「おっ!」と気を引く珍しい展示品が盛りだくさんです。

伊仙町立歴史民俗資料館

伊仙町立歴史民俗資料館

伊仙町の中心地にある、2008年に閉校した徳之島農業高校の校舎を再利用した資料館。

「自然」「歴史・民具」「考古学」の3つのコーナーに分かれ、徳之島に生息する動物のはく製や標本、実際に生活で使用されていた農具などが数多く展示されています。

展示品

2階には伊仙町にある遺跡で出土された土器や陶器、そして面縄貝塚から出土した縄文時代後期~弥生時代前期の埋蔵人骨も展示。

学校の面影を残す内部は懐かしさも感じられ、徳之島の風土や昔の生活について学べるようになっています。

徳之島町郷土資料館

徳之島町郷土資料館

亀徳新港から車で約5分の徳之島町生涯学習センター内にある資料館。

徳之島の歴史と生活がわかるコーナー、徳之島の自然を知るコーナー、徳之島の伝統芸能を知るビデオコーナーなどに分かれ、歴史や文化、自然、伝統工芸を学べるようになっています。

朝潮の靴

館内には徳之島出身の人気力士、朝潮太郎(第46代横綱)と旭道山のコーナーも。推定30cm以上はあると思われる朝潮が実際に履いていた靴の展示も必見です。

タイトルとURLをコピーしました