奄美

【奄美】6月の奄美大島の天気と気温&服装

6月の天気と気温

6月の奄美大島は梅雨真っ只中。ジメジメと蒸し暑い雨の日や曇天が毎日続きます。ただ、カラッと晴れた日や、年によっては雨があまり降らない空梅雨のこともあります。

また、本土の梅雨とは違いスコールのような突発的な雨が降ることもあるので注意しましょう。梅雨明けは6月29日前後です。

6月の平均気温と降水量

平均気温は26℃。夏に向けて気温がぐんぐん上昇します。30℃近くまで気温が上昇することもあるので、水分補給などはこまめにしっかりと行いましょう。

特に梅雨時期のジメジメした天気では汗が蒸発しにくく、熱中症などにもなりやすいです。

この時期に台風が接近することはありませんが、年によっては1~2個奄美地方へ接近することもあります。ダイビングやシュノーケリングなどは雨の日でもできますが、風が強ければできない場合が多いです。

服装について

毎日蒸し暑いので半袖Tシャツや短パンで十分過ごせます。雨が多いので折りたたみ傘や、レインコートなど雨対策はしっかりと!

6月の見どころと行事

梅雨の時期で雨の多い6月は、雨が続くとおもに屋内観光となってしまいます。

「屋内観光ばかりではつまらない!」という方におすすめしたいのが、金作原原生林。雨でしっとりと濡れた亜熱帯のジャングルや、梅雨時期に咲く花々を楽しむことができます。

あわせて読みたい
ゴジラの森!金作原(きんさくばる)原生林の情報&エコツアーまとめ奄美の名瀬市街地から車で約30分。そこに広がるのは奄美大島を代表する亜熱帯の森『金作原原生林』です。 樹齢100年を超える巨木など...

また、6月には浜おれ(り)という行事が行われます。浜おれは稲の害虫や病気を取り除く祭りで、昔はシマの各地で行われていましたが、現在は行う地域も少なく舟漕ぎ競争などが一部の地域で行われています。

浜おれ以外のイベントは、奄美大島のさまざまなイベント事が掲載されているさばくりカレンダーをご確認ください。