【長崎】対馬島・赤島・沖ノ島・島山島への行き方

対馬島へのアクセスは、飛行機と船(フェリー、ジェットフォイル)があります。そして赤島・沖ノ島・島山島は対馬島との間に橋がかかっているため陸路で渡ることができます。各島への行き方を詳しくご紹介します。

飛行機で行く

対馬空港は通称「対馬やまねこ空港」とも呼ばれています。長崎から1日5便、福岡から1日4便、ANAの直行便があります(2015年現在)。所要時間はそれぞれ約35分です。

飛行機の時刻表はこちら

便数も多いので東京や大阪方面からの乗り継ぎにも便利。運賃を抑えるなら予定を早めに立ててANNの特割や旅割などを利用するのが賢い選択です。

船で行く

船にはフェリーとジェットフォイル(超高速船)があります。ジェットフォイルは乗船時間は短いですが、運賃は高め。フェリーは時間はかかりますが運賃は安いです。

対馬島への行き方

フェリーで行く

フェリーには、メジャーな九州郵船の「フェリーきずなorフェリーちくしorフェリーげんかい」と、貨物輸送が主な壱岐・対馬フェリーの「フェリーつばさ」があります。

九州郵船のフェリーは「博多港」から1日2便運航し、そのうち1便は壱岐島経由となります。到着する港は直行便が比田勝港となり、壱岐島経由便が厳原港となるので注意しましょう。

料金と所要時間は、直行便が片道4,590円(2等)/約5時間20分、壱岐島経由便が片道3,870円(2等)/約4時間35分となります。

九州郵船のフェリーの時刻表はこちら

フェリーつばさは「須崎ふ頭」から1日1便運航し、壱岐経由となります。運賃は5,000円、所要時間は約5時間です。このフェリーは深夜0時頃港を出港し、翌朝5時に厳原港に到着します。

基本的に貨物を輸送するフェリーのため定員数が少なく、旅客(人)のみの場合は乗船できない場合もあります。なので、確実に乗船するならメジャーな九州郵船のフェリーが一番です。

フェリーつばさの時刻表はこちら

ジェットフォイルで行く

ジェットフォイルは九州郵船の「ヴィーナスまたはヴィーナス2」が1日2便運航しています。どちらも壱岐島を経由しますが、GWや夏季休暇期間など月によっては直行便もあります。

出発する港は博多港で到着する港は厳原港となり、料金は片道6,680円、所要時間は約2時間15分です。

博多港までの行き方

福岡空港からの場合は、空港直結の地下鉄から博多駅行きに乗車しJR博多駅で下車。博多駅からはバスに乗り換え、博多駅センタービル前から「千代町方面」または、 博多駅シティ銀行前から「キャナルシティ方面」に乗車し、博多ふ頭(ベイサイドプレイス)で下車します。

料金と所要時間は博多駅までが260円/約5分、博多ふ頭までが230円/約20分です。

時刻表はこちらから検索できます

赤島・沖ノ島・島山島へ行く

赤島・沖ノ島へは、厳原(いづはら)から赤島方面行きの路線バス1日3便あります。沖ノ島では「住吉大橋」と「砲台跡」、赤島では「赤島大橋」「漁協入口」「赤島」バス停に停まります。

自由乗降バスなのでバス停以外でも自由に乗降できます。

路線バスの時刻表はこちら

島山島へは直通のバスはありません。島山島へ一番近い最寄りのバス停は「玉調(たまつけ)」。島山島から徒歩で30~40分ほどの距離にあります。

なので、島山島へ行くにはレンタサイクルやレンタカーがおすすめです。

スポンサードリンク
 

関連記事

return top