おがみ山☆名瀬の街を一望できるスポット

おがみ山

おがみ山は奄美で一番大きな街『名瀬』のシンボル的な山です。

遊歩道と整備された公園があり、遊戯広場や展望広場、復帰記念広場などあります。沖縄がアメリカの支配下にあったことはよく知られていますが、実は奄美大島も戦後に日本本土と分離され、アメリカの支配下にあったのです。

このおがみ山には奄美大島が日本に復帰したことを記念して、復帰記念碑と復帰に貢献した奄美日本復帰の父と呼ばれる『泉芳朗』の胸像と詩碑があります。

そして展望広場からは名瀬の海側の町並みと山側の町並みの景色を見ることができます。展望広場から少し離れた場所にはベンチも設置されているので、町並みを見ながらちょっと休憩したり、お弁当を買ってランチもおすすめです。

山道なので遊歩道の両脇には植物が生い茂っているため虫さされなどには注意が必要です。また山道を登っていくので汗をかくこともあります。水分補給はしっかりと行いましょう。

基本情報

  • 住所:奄美市名瀬永田町15
  • アクセス:奄美ウエストコートホテルから徒歩約15分(頂上まではさらに15分)(地図でルートを確認する
  • 設備:トイレ
スポンサードリンク
 

関連記事

return top