【沖縄】那覇からクルーザーで20分で行ける楽園!「ナガンヌ島」

ナガンヌ島

ナガンヌ島は、慶良間諸島の一部。那覇から日帰りで楽しめる離島で、2014年3月5日(サンゴの日)に国立公園に指定されました。

一説によると沖縄の方言で細長いモノを「ナガンヌ」ということから、この細長い島をナガンヌ島と呼ぶようになったそうです。ちなみに、正式名称は「慶伊瀬島(けいせしま)」といいます。

ナガンヌ島へは、泊港から60名乗りのクルーザーで20分。

ナガンヌ島へのアクセス

日帰りとステイ(宿泊)プランがあり、シーズン中(7月~9月)は1日3便、それ以外は1日1便(GWは臨時便あり)運航されています。

料金は日帰りが4,200円~、ステイが7,200円~。島の滞在時間は約5時間(日帰りの場合)で、往路と復路がセットになっています。

※クルーザーは波がある日はかなり揺れます。船酔いが心配な方は必ず酔い止めを飲んでおきましょう。

受付ではパラソルや、デッキチェアー、シュノーケリンググッズなどをレンタル可能。レンタル料は500円~。

リッチに過ごしたい方はレストコテージもおすすめ。

レストコテージ

屋根付きなので日焼け対策はバッチリ!料金5,000円でデッキチェアも付いているのでお得です。

必要なものをレンタルしたらいざ海へ!

ナガンヌ島の海は遠浅で、まるで水道水をそのまま入れたかのような、まさに真水レベルの透明度。

ナガンヌ島の海

不純物もごみもなく、海底のすみずみまでしっかり肉眼で見ることができます。さすが世界に誇るケラマブルー。

肉眼でも十分見える透明度ですが、ここでのシュノーケリングは最高です!色とりどりの熱帯魚たちに出会えます。

熱帯魚

また、不思議なのは、ここの海は上がった後、身体がベタつかないこと。不純物などが混ざっていないからでしょうか、さらっとしていて爽快ですよ。

海で泳いだ後は、島内でたった1軒のダイニングテラスでランチタイム。

ダイニングテラス

メニューはカレーや焼きそば、パスタ類などのほか、たこ焼きやから揚げなど軽食も豊富。もちろん、ドリンクやアルコール類もあります。

カレー

※ナガンヌ島への飲食物の持ち込みは禁止です。

海で楽しんだ後はナガンヌ島の石碑で記念撮影がおすすめ。

ちょっとした小高い丘のようになっているので、海が一望できますよ。

那覇から20分であっという間に行けちゃう楽園。ぜひ、足を延ばしてみてくださいね。

旅データ

スポンサードリンク
 

関連記事

return top