【山口】六連島・蓋井島・角島への行き方

角島へは本州から角島大橋がかかっているため路線バスで、六連島・蓋井島へは定期連絡でアクセスできます。それぞれの島への詳しい行き方をご紹介します。

六連島へ行く

六連島へのアクセス

下関市の竹崎渡船場から島西部の六連島漁港まで、定期船「六連丸」が1日4便(1月1日は2便、夏期には5便に増便)運航しています。運賃は片道370円、所要時間は約20分です。

80人乗りの中型船で乗船時間はあまり長くありませんが、波の荒い日などは甲板まで濡れることもあるのでタオルなどは用意しておくと安心です。

また、六連島は有人島で名所やグルメがありますが、民宿など宿泊施設がありませんので、訪れる際は船の出航時間に注意してください。

六連丸の時刻表はこちら

竹崎渡船場への行き方

竹崎渡船場へはまず最寄り駅であるJR下関駅へアクセスします。新幹線を利用する場合は、新下関駅で下車すると便利です。

新下関駅からはJR山陽本線(下関行)に乗車し、下関駅で下車します。運賃は200円、所要時間は約10分です。

竹崎渡船場へは、JR下関駅西口から徒歩で約5分。下関駅は東西どちらの出口からも港が徒歩ですぐという港湾都市の玄関駅。西口から北西へ向かい、港町らしい割烹旅館や飲み屋が並ぶ通りを歩きます。

少し遠回りになりますが、駅前すぐを通る国道191号線を通り、今浦交差点で左折するルートの方が迷わないかもしれません。

蓋井島へ行く

蓋井島へのアクセス

下関市の吉見漁港から島西部の蓋井島港まで、定期船「蓋井丸」が1日3便(11月~3月は2便)運航しています。運賃は片道630円(往復1,200円)、所要時間は約35分です。

蓋井丸の時刻表はこちら

吉見漁港への行き方

新幹線が停車する新下関駅からJR山陽本線(下関行)に乗車し、幡生駅でJR山陰本線(小串行)に乗り換え、吉見駅で下車します。運賃は240円、所要時間は約35分です。吉見駅から吉見漁港までは徒歩約10分です。

角島へ行く

角島へのアクセス

まずは最寄り駅へ

まずは角島行きのバスがある特牛駅(こっとい)または、滝部駅にアクセスします。ちなみに、特牛駅・滝部駅は下関市にあるので新幹線なら新下関駅で下車すると便利です。

新下関駅からはJR山陽本線とJR山陰本線を乗継、特牛駅または滝部駅で下車します。運賃は滝部駅までが760円、特牛駅までが840円で、所要時間は約1時間30分です。

角島へ

特牛駅または滝部駅からは、角島行きの路線バス(ブルーライン交通)に乗車し、角島のバス停で下車します。最初のバス停である牧崎公園口までの運賃と所要時間は、滝部駅からが770円/約35分、特牛駅からが610円/約20分です。

角島行き路線バスの時刻表はこちら

スポンサードリンク
 

関連記事

return top