【鹿児島】喜界島への行き方

喜界島へのアクセスには飛行機とフェリーがあります。主要都市からの直行便はなく、鹿児島や奄美大島経由となります。喜界島への行き方を詳しくご紹介します。

奄美大島から飛行機で行く

まずは本土から奄美大島へ飛行機でアクセスし、奄美空港で乗り換えて喜界島へ行くというルートです。

奄美からのアクセス

奄美大島には、東京(羽田・成田)、大阪(伊丹)、福岡、鹿児島、沖縄から直行便があります。鹿児島からは1日8便、それ以外の地域は1日1便運行しています。

関連記事:奄美大島にはどうやって行く?奄美への行き方まとめ

奄美大島から喜界島へはJALが1日3便運航しています。所要時間約20分です。

ただ、飛行機は料金が高いです。奄美大島-羽田が正規料金で5万前後、奄美大島-喜界島は1万円前後と、喜界島へ行くより近場の海外のほうが安いということも少なくありません。

LCCを利用したり、旅行の日程がハッキリと決まっているなら先得割引などの利用が賢い選択です。

運賃は時刻表はこちら

鹿児島から飛行機で行く

次に鹿児島で乗り換えるという方法です。鹿児島からは喜界島へJALが1日2便運航しています。所要時間は約1時間15分です。

鹿児島からのアクセス

鹿児島は奄美大島よりも就航路線(中部[セントレア]、神戸、富士山静岡、大阪[関西]、松山)が多いので奄美大島への直行便がない地域は鹿児島を経由するルートがおすすめです。

鹿児島空港の就航路線&時刻表

鹿児島からフェリーで行く

最後に鹿児島からフェリーで喜界島へ行くという方法です。鹿児島(鹿児島本港北埠頭)から喜界島を含め奄美群島の各島に寄港するフェリーがあります。

フェリーでのアクセス

約11時間の長い船旅ですが、運賃は飛行機(鹿児島-喜界島間)よりも安いです。少しでも旅費を抑えたいという方はこのルートもおすすめです。

客室は1等・2等(寝台A/B)・2等となり、2等は和室で雑魚寝です(フェリーによっては洋室もあり)。その分、料金も片道9,050円と安いです。

ただ、毎日運行しているわけではなく、週5日程度の運行になります。また、喜界島への寄港も早朝(4:30)となります。

時刻表&運賃(奄美開運のホームページ)
鹿児島本港北埠頭へのアクセスはこちら

スポンサードリンク
 

関連記事

return top