奄美最北端の灯台「笠利崎灯台」&夢をかなえる「カメ」さん

笠利崎灯台

笠利崎灯台は、奄美大島の最北端の地にある灯台で、地元では『用岬』と呼ばれています。奄美近海を通る船にとってとても重要な役割をしている灯台で内部は見学することはできませんが、灯台までは登ることができます。

そこから見る景色は絶景!太平洋を一望することができ、天気が良ければ喜界島を望むこともできます。また、夏になると東シナ海に沈む夕日を見ることもできます。

夢をかなえる「カメ」さん

岬の麓にはこの地に昔から伝わる竜宮伝説のモニュメント「夢をかなえるカメさん」が設置されています。実は浦島太郎伝説はこの地に昔から伝わる竜宮伝説が由来とされているんだとか。

夢を叶えるカメさん

この地には古来より海の彼方には恵をもたらす神の国(龍宮)があり、人々に幸せをもたらすと信じられてきた『ニライカナイ伝説』があります。このニライカナイ伝説が海を越えて大和(本土)に伝わり、浦島太郎伝説として日本中に広まったと言われています。

亀は神の国(龍宮)の使いとされ、カメさんに触れると夢が叶うんだとか。ちなみに、触れる場所によってご利益も違ってくるようです。モニュメントを訪れたらぜひ触れてみましょう!

★頭に触れると、、、知恵が授かる
★前右足に触れると、、、男性の願いが叶う
★前左足に触れると、、、女性の願いが叶う
★後右足に触れると、、、お金が貯まる
★後左足に触れると、、、長生きできる
★亀の背中に子供を乗せると、、、元気に育つ
★お腹に触れると、、、子供を授かる

基本情報

  • アクセス:空港から車で約15分(地図でルートを確認する
    【バス】空港(佐仁行き)乗車⇒用下車※バス停からは遠いです
  • 観光客:少なめ
  • 施設:駐車場、トイレ、休憩所
スポンサードリンク
 

関連記事

return top