鹿児島県の離島ガイド

鹿児島の離島

鹿児島は南北600kmの広範囲に30の有人島が点在する日本有数の離島県。地理的に甑島列島、大隅諸島、トカラ列島、奄美諸島の4つの列島・諸島に分類されています。

どこまでも広がる真っ青な海や、希少な動植物たちが住む自然豊かな森、各島々に伝わる伝統文化や郷土料理、温泉など、どの島もそれぞれ異なる魅力があり個性豊か。そんな鹿児島の離島をご紹介します。

甑島(こしきしま)列島

甑島列島は、薩摩半島から西に約30kmに浮かぶ島々で、「上甑島(かみこしきしま)」「中甑島(なかこしきしま)」「下甑島(しもこしきしま)」の3つの有人島があります。

2015年3月に国定公園に指定され、200m以上もある大迫力の断崖絶壁、ナポレオン岩を代表とする奇岩、美しく咲く鹿の子百合、海に沈む夕日など神秘的な景観が魅力。島を歩くと田舎に帰ってきたような懐かしい風景を感じることができるそんな島々です。

大隅(おおすみ)諸島

大隅諸島は、鹿児島本土の南に広がる島々。「種子島」「屋久島」「口永良部島(くちえらぶじま)」「黒島」「硫黄島」「竹島」「馬毛島(まげしま)」の6つ有人島があります。

樹齢7200年といわれる縄文杉、種子島宇宙センター、天然温泉、ダイビング、島を覆う竹林など、島それぞれ違う表情があり、訪れた人を魅了する島々です。

トカラ列島

日本最後の秘境とも言われるトカラ列島には、「口之島(くちのしま)」「中之島(なかのしま)」「平島(たいらじま)「諏訪之瀬島(すわのせじま)」「悪石島(あくせきじま)」「小宝島(こだからじま)」 「宝島(たからじま)」の7つの有人島があります。

貴重な動植物が生息する原始林やジャングル地帯、色とりどりの熱帯魚やサンゴ礁が美しいどこまでも広がる海など、手つかずの大自然が残り、訪れた人々の心を癒やす島々です。

奄美(あまみ)諸島

奄美諸島は鹿児島県の最南端エリアにある島々。「奄美大島」「喜界島(きかいじま)」「加計呂麻島(かけろまじま)」「請島(うけじま)」「与路島(よろじま)「徳之島(とくのしま)」「沖永良部島(おきのえらぶじま)」「与論島(よろんじま)」の8つの有人島があります。

蒼く澄んだ美しいビーチや、太古の昔を思わせる原生林、どこまでも広がるさとうきび畑、古くから伝わる伝統文化や食など魅力が多く、スローな時間を過ごせる島々です。

その他

鹿児島には、九州西岸に浮かぶ「長島(ながしま)」、「諸浦島(しょうらじま)」「伊唐島(いからじま)」「獅子島(ししじま)」「桂島(かつらじま)」、桜島の北東約1.5kmに浮かぶ「新島(しんじま)」など、まだまだ知名度の低い知られざる島もあります。

スポンサードリンク
 

関連記事

return top