【奄美】恋のパワースポット!?ハートロックを見に行こう!

ハートロック

今、奄美大島で隠れた人気スポットのひとつとして「ハートロック」があります。ハートロックとは、ハート型をした潮だまりのこと。干潮時にのみ現れます。

恋のパワースポットとして徐々に知られつつある隠れた人気スポットをぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。ハートロックの場所、行き方をご紹介します。

ハートロックはどこにある?

ハートロックは、龍郷町の赤尾木(あかおぎ)地区の東海岸にあります。通称ビラビーチと呼ばれる場所で近くにはサーフスポットとしても知られる手広海岸があります。

ハートロックはいつでも見られるというわけではなく、潮が引いたときだけしか見ることができません。なので、見に行く場合は潮見表などを必ずチェックして干潮の時間に合わせて行きましょう。

潮見表はこちら

また見れるのは春・秋・冬です。夏は見ることができないので注意しましょう。

ハートロックまでの行き方

ハートロックがあるビラビーチは県道82号線(龍郷奄美空港線)から少し離れた場所にあります。

空港からの場合は、県道82号を名瀬方面に向かって走ると途中に「ばしゃ山村」が見えてきます。ばしゃ山村からさらに2~3分走ると左手に駐車スペースがあるのでココに車を停めましょう。

ここから徒歩で移動します。ハートロックまでの行き方のルートは2つ。

1つは森を抜けるルートです。

車を停めた場所から名瀬方面に1分くらい徒歩で進んでいくと、左に脇道があるのでここを曲がります。(ベアフットリゾートという看板が目印です)

左折してさらに進むと左手に獣道のような小道があるのでここを曲がり、どんどん先に進みます。※草木が生い茂っている場所なのでハブなどがいないか確認しながら進みましょう!

1分くらい歩くと海が見えてきます。海に出て右手に進むとハートロックが見えてきます。

2つめのルートは海沿いを歩いて行くルートです。

先ほどの駐車場から今度はさっきとは逆に笠利方面に歩いていきます。1分くらい歩いて行くと右手に小さな脇道があるのでここを曲がります。しばらく歩いて行くと海に出ます。

海に出たら右に進んでいきます。500メートルくらい歩くとハートロックが見えてきます。海沿いのルートは少し遠いですが、森を抜けるルートに比べると安全です。

名瀬方面から

名瀬方面からは笠利方面(空港)に向けて国道58号線を北上します。30分くらい走ると空港方面行きの標識が見えてくるので県道82号線に右折します。しばらく走ると駐車場が見えてくるのでそこに駐車します。あとは先ほどと同じです。

バスで行く場合

バスで行く場合は、空港方面からの場合は「ウエストコート前行き」に乗車し、名瀬方面からの場合は「空港行き」に乗車しましょう。下車するバス停は「東海岸」です。バス停からは海沿いのルートが近くておすすめです。

バス運賃は空港からは片道460円、名瀬からは片道800円です。

スポンサードリンク
 

関連記事

return top