【沖縄】波照間島への行き方

波照間島へのアクセス方法

沖縄本島から波照間島へ直接行く方法はありません。まず那覇空港や各地の空港から石垣島へ飛行機で渡り、石垣島からフェリーもしくは高速船で渡ります。

※関連記事:石垣島への行き方まとめ

波照間島への行き方

石垣島空港から離島ターミナルへ

石垣島空港からは、離島への玄関口である離島ターミナルへ行きます。路線バスで約40~50分/540円。空港ターミナル出入口前のバスのりばから「日航八重山・ANAインターコンチネンタル経由空港線(10番)」もしくは、「平得・大浜・白保経由空港線(4番)」に乗車します。

下車するバス停は「バスターミナル」もしくは「離島ターミナル」です。バスターミナルからは約3分、離島ターミナルは徒歩すぐです。タクシーだと約3,000円/30分はするので、安く行くなら路線バスのほうがおすすめです。

石垣島の路線バスの時刻表はこちら

波照間島へ

波照間島へのアクセスは高速船とカーフェリーがあります。

高速船

安栄観光が1日4便運航しています。料金は片道3,090円(往復5,870円)、所要時間は約60~70分です。1日4便の内、1便は不定期で西表島の大原港を経由する便もあります。その場合は約80分程度かかります。

西表島(大原港)から波照間島へ渡ったり、逆に波照間島から西表島(大原港)に渡る場合は、この便の利用も便利。ただし、不定期航路のため予約が必要です。料金は片道1,540円です。

波照間島行き高速船の時刻表はこちら

なお、波照間島航路の半分は外洋に面しているためとても揺れやすく、天候や海の状態によって欠航になってしまうことがよくあります。

そのため波照間島へ渡ることができたのは良いものの、帰りの便が欠航になってしまったり、逆に波照間島へ渡ることができずに旅行の日程が崩れてしまうなんてこともあるので注意しましょう。

カーフェリー

安栄観光の「貨客船フェリーはてるま」が、週3日(火・木・土)+第2・第4金曜日のみ運航しています。料金は高速船よりも安く、片道1,540円、所要時間は約2時間30分です。

貨客船フェリーはてるまの時刻表はこちら

ただ、注意したいのが乗船方法です。乗船券は通常、石垣港離島ターミナル内1階の窓口で購入しますが、貨客船フェリーの場合は、安永観光の貨物事務所で出港15分前までに購入します。

乗船券の予約はできず、座席は40席と少ないため満席になることもあります。なので、乗船券は早めに購入することをおすすめします。

また、フェリーの出発場所も通常のターミナルではなく、対岸(八島町)にある乗り場から出港するので注意しましょう。

[mappress mapid=”6″]

スポンサードリンク
 

関連記事

return top