【沖縄】北大東島・南大東島への行き方

大東島へのアクセス

北大東島や南大東島へは飛行機とフェリーで行くことができます。飛行機の場合は本土からの直行便はないため、那覇空港経由になります。北大東島と南大東島への行き方を詳しくご紹介します。

飛行機で行く

飛行機の場合は、基本的に那覇空港経由になります。

飛行機でのアクセス

各空港から那覇空港へ

那覇空港へは全国各地から直行便があるのでアクセスも便利。スカイマークやジェットスターなど多くのLCCも就航しているので運賃も安いです。東京(羽田)からの発着がもっとも多く、30分~1時間おきに約30便あります。

各空港からのフライト情報はこちら

那覇空港から北大東・南大東島へ

那覇空港から北大東島・南大東島へは約1時間10分~1時間45分。北大東島へは1日1便、南大東島へは1日2便運行していますが、曜日によってそれぞれの島を経由する特殊な運航形態となっています。

【午前の便】
那覇⇔南大東

【午後の便】
★月・金・土・日曜:那覇⇒北大東⇒南大東⇒那覇
★火・水・木曜:那覇⇒南大東⇒北大東⇒那覇

運航会社はJALの子会社のRACで、39人乗りの小型プロペラ機で運航しています。乗り継ぎには航空会社によって30分以上かかる場合があるので、航空券を購入する時には乗り継ぎ時間も考慮しておきましょう。

料金は片道25,000円前後(普通)、往復割引で32,000円前後なので安く行くなら往復割引がとてもお得です。ちなみに、先得割引はありません。

那覇発⇒北大東・南大東島着の時刻表はこちら

フェリー(船)で行く

フェリーでのアクセス

安く行きたい方やのんびりと船旅を楽しみたい方は、飛行機で那覇空港に到着した後、フェリーでそれぞれの島へ行くのもおすすめ。

ただし、各空港からの到着時間によってはフェリーの出港時間に間に合わない場合もあるので、搭乗便の到着時間などはしっかり確認しておきましょう。

那覇空港からフェリー乗り場へ

まずは那覇空港からフェリー乗り場「泊港フェリーターミナル(とまりん)」まで行きます。空港からフェリー乗り場までは15~30分かかります。

那覇空港から泊港フェリーターミナル(とまりん)までの行き方

那覇(泊港)から北大東・南大東島へ

それぞれの島にはフェリー「だいとう」が週1~2便、那覇・北大東島・南大東島を結んでいます。料金は片道5,690円(往復10,830円)、約15~17時間の船旅です。ちなみに南大東-北大東は片道850円です。

フェリーは南大東島に先に到着する場合と、北大東島に到着する場合があります。

★那覇⇒南大東⇒北大東⇒南大東⇒北大東⇒那覇
★那覇⇒北大東⇒南大東⇒北大東⇒南大東⇒那覇

フェリーだいとうの運行スケジュールと時刻表はこちら

外洋に面した航路のため揺れやすく、また天候によって遅延や欠航がよくあります。特に台風などで海が荒れている時は欠航確実です。そのためフェリーを利用する場合は、欠航なども視野に入れある程度余裕のあるスケジュールが組んでおきましょう。

ちなみに、それぞれの島の港へは隆起珊瑚礁特有の地形のため、直接接岸ができません。人も物資もすべてクレーンにより上陸します。物資などはクレーンなどで直接吊り上げて降ろし、人の場合は大きなカゴのようなものに乗り、それをクレーンで吊り上げて降ろします。

スポンサードリンク
 

関連記事

return top