【奄美】12月の奄美大島の天気と気温&服装

奄美の12月の天気

12月になると奄美もすっかり冬です。強い北風が吹いて曇りの日が多くなり、亜熱帯気候の奄美も空気が乾燥するようになります。

12月の平均気温は16.5℃。気温だけをみると奄美は温暖ですが、北風が吹き荒れるので外に出ると体感温度はグッと下がりとても寒いです。

12月の平均気温と降水量

この時期になると奄美大島でも島のあちこちでイルミネーションが灯り、とてもロマンチックです。また、12月頃からさとうきびの花(穂)が咲き始めます。ススキのような花が咲き、銀色の花穂が畑いっぱいに広がる風景を見ることができます。

服装について

12月になると北風が吹くので、温暖な奄美とはいえ寒く感じることが多いです。なので、セーターやタートルネック、羽織ものはジャケットやブルゾン、コートなどの防寒具があると安心です。

また、首元はマフラーやネックウォーマー、ストールなども必須。風が強いので観光地を周る場合はスカートなどはあまりおすすめしません。

12月の楽しみ方

南国の奄美大島でもさすがに冬のマリンスポーツは厳しいです。しかし、冬でも夏とは違った魅力があります。その一つが住用町にあるマングローブ原生林です。国定公園特別保護区に指定されており、カヌーでこの原生林を探検することができます。

シーズンオフなので観光客も少なく意外と冬は穴場ですよ。また、景勝地巡りをしたり、機織り体験や泥染め体験も楽しむのも良いですね。

イベントとしては北部の笠利町で「笠利まちおこしフェスティバル」や「アマンディ市」、南部の大和村で「ひらとみ朝市」などが開催されます。

地場産野菜や農産物の販売のほか、フードコーナーやハンドメイド商品などのフリーマーケットが行われることも。日にちが合えばぜひ訪れて見る価値アリです。開催日は年によって変わるので下記よりご確認ください。

>>笠利まちおこしフェスティバル
>>ひらとみ朝市
>>アマンディ市

スポンサードリンク
 

関連記事

return top